iPhoneで空メールが送れない時の対処法

iPhoneで空メールを送信する裏技
The following two tabs change content below.
ソルティー

塩畑 貴志(ソルティー)ともうします。

中学の頃、完全に記憶喪失になり、普通のレールに乗ることが夢に。しかし、社会人になってからADHDと分かり、組織にうまく染まれず、行き着いたのがフリーランスという道でした。

ブログで大事にしてることは『ブログ』を一つの作品として発信し、どんなに辛いことがあっても見本になれる生き方を見せることです。

その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください

どうも、ソルティーです。

 

皆さん、iPhoneを使っていて「空メールを送信したい」って思った時はありませんか?

メルマガ登録などでQRコードを読み取った後、空メールを送信して…なんてことは未だによく見かけます。

 

そう、実はiPhoneのメールアプリでは空メールを送信しようと思っても、送信できないのです。

これはiPhoneは件名、もしくは本文がないとメールを送信できない仕様だからです。

もちろん、メルマガ登録以外であっても送ることはできませんし、最新のiPhoneであっても同じ仕様になっています。

 

そこで今回はカンタンに空メールを送信する方法をお伝えします。

 

iPhoneで空メールを送信する方法は?

iPhone空メール送れない:メールが送れなくていらいらしている人

件名か、本文にスペースを入れる

簡単に空メールを送るには以下の2つの方法があります。

  1. 件名にスペースを入れる(スペース可)
  2. 本文にスペースを入れる(スペース可)

このどちらかの方法で空メールと認識すれば、それでOKになります。

 

しかし、「意外と簡単だったな〜」と思って終わってはいけません。

実はスペースを空メールとして認識しないパターンがあるので、その場合は別の方法を取らなければならないのです。

 

JTコマンドを使って空メールを送信する

空メールとして認識させる奥の手。

それが『JT』です。

 

本文中に『JT』、もしくは『jt』と入れて送信するだけです。

ちなみにjtだけ入れてください
iPhone空メール送れない:jtコマンドでスッキリ解決!

 

なんと、このJTだけを入力して送信すると空メールとして認識されます。

あ、もちろん空メールを送る相手の宛先は入れてくださいね。

 

裏技を使っても空メールとして認識されない場合

空メールを保存し、パソコン上で送信する

ほとんどの場合、jtで解決できますが、解決できない場合があります。

その場合は、一旦その空メールを下書き保存して、PC上で送信するなどの工夫をすれば空メール登録できるでしょう。

 

返信メールが迷惑メールフォルダに入っていないか確認する

空メールを送ったのに返信が来ていない…という場合、返信メールが迷惑メールフォルダに入ってしまっているという可能性もあります。

迷惑メールフォルダを開き、該当のメールが届いていないか確認してみましょう。

 

まとめ:空メールに困ったらjtで送りましょう

ひとまず、空メールで困ったらjtと入力して送信すればOKです。

 

ほとんどが店舗などではLINE@による登録になっていますが、

インターネットではまだ認証方式として空メール送信を使っている…なんてところはあります。

 

空メールと聞いたら「jt」!覚えておいてくださいね〜。

では!







▼SNSでみんなに教えるとちょっぴり世界が幸せになります▼



ペルソナ作成ワークシート

\ 自分らしくビジネスを上昇させるワークシート 無料配布中 /
ビジネスモデル構築シート

「誰のために」「何のために」「なぜ?」この3つを明確にするワークシートを無料で配布中です。もちろん、ブログ構築にも使えるように工夫してあります。






初心者向けWordPressの作り方マニュアル

\ WordPressが分からない初心者の方、コチラですよー! /
WordPressの作り方マニュアル

コンセプトは『誰でも迷わずに成果が出るブログを』。初心者でも迷わずにWordPressを作れるマニュアルを用意しました。読み進めるだけでWordPressを使った、SEO対策が済んだブログができあがります。




ABOUTこの記事をかいた人

ソルティー

塩畑 貴志(ソルティー)ともうします。

中学の頃、完全に記憶喪失になり、普通のレールに乗ることが夢に。しかし、社会人になってからADHDと分かり、組織にうまく染まれず、行き着いたのがフリーランスという道でした。

ブログで大事にしてることは『ブログ』を一つの作品として発信し、どんなに辛いことがあっても見本になれる生き方を見せることです。

その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください