今月は夢の叶え方特集!
700MHz利用推進協会のチラシは詐欺なのか調べてみた
The following two tabs change content below.
ソルティー

塩畑 貴志(ソルティー)ともうします。

中学の頃、完全に記憶喪失になり、普通のレールに乗ることが夢に。しかし、社会人になってからADHDと分かり、組織にうまく染まれず、行き着いたのがフリーランスという道でした。

ブログで大事にしてることは『ブログ』を一つの作品として発信し、どんなに辛いことがあっても見本になれる生き方を見せることです。

どうも、ソルティーです。

 

最近、700Mhz利用推進協会を名乗るこんなチラシが投げ込まれていました。

700MHz利用推進協会:テレビの映像が乱れる可能性があります

 

テレビの映像が乱れる可能性がある!?

 

あ、私の家、テレビなかったわ。

 

しかし!普通、ご家庭にはテレビは置いてあるハズ!

どういうことなのか、そして詐欺ではないのか詳しく調べてみました。

 

一般社団法人700MHz利用推進協会について

このチラシで気になるのが一般社団法人700MHz利用推進協会というものです。

700MHz利用推進協会:なんか詐欺っぽい

なんか見た目からして怪しい

 

なんか新手の詐欺っぽい!

でも、一応上のほうに小さく「当案内は営利目的の広告ではありません」と書いてあります。

 

携帯電話のキャリア同士が手を組んでいる協会

この700MHz利用推進協会はNTT docomo、KDDI、au沖縄セルラー、SoftBankが合同で設立した法人です。

ちゃんとウェブサイトもありました。

大元のサイトはこちら

 

そして、この700MHz対策には総務省も協力しています。

 ご指摘いただきました!ありがとうございます!

電波の割り当ては総務省が担当しています。協力しているのではなく総務省の方針により地デジ化で700MHz帯をあけました。

 

合わせて読みたい記事
テレビ受信障害対策を語るとそれだけで文章量がハンパなくなるので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

 

つまり国を挙げての事業ってことになります。なので安心して良さそうです。

 

700Mhzについて

そもそも700Mhzってなんのことなん?って話ですよね。

その辺りを詳しく説明します。

 

周波数って何?

テレビや、ラジオを受信するために使われるのが電波です。

この電波には周波数(Hz)と呼ばれるものがあり、その一つ一つの周波数にテレビの番組や、ラジオの番組が割り振られています。

 

現在使われている地上デジタルテレビの電波は470~578MHz(UHF-L)が使われています。

テレビはMHz(メガヘルツ)、ラジオはKHz(キロヘルツ)となっています。

 ご指摘いただきました。ありがとうございます!

ラジオでもFM放送ではMHzを使っています。FMラジオの周波数は76~108MHzとなっています。

電波について詳しい記事はこちら
電波の話は非常に難しい話です。読んでも理解できないかもしれませんが、ここは比較的わかりやすいです。知りたい人はどうぞ。

 

ちなみに800MHz帯はdocomoとau(KDDI)、900MHz帯はSoftBankが使用しています。

700〜900MHz帯は電波が約30cmと大きく、壁などを乗り越えて電波が届くので電波としてはかなり強力で(※)、小型の受信機で済み使いやすいので希少価値の高い周波数帯です。そのため、これらをプラチナバンドと呼んだりもします。

 ご指摘いただきました。ありがとうございます!

電波としてはかなり強力で(※)⇒どの周波数でも出力を上げると強力になります。

 

700MHzって何?

700MHzは実は

地上デジタル放送に切り替わる前にテレビで使われていた周波数です。

つまりアナログテレビ用の電波なんですね。

 

2011年7月24日に地上デジタル放送に完全移行したと思いますが、実際はブースターを利用すればまだアナログテレビで受信可能なのです。

 ご指摘いただきました。

ブースターは弱い電波を強くするためのもので、アナログテレビでデジタル放送を受信するためのものです。ブースターを繋いだところで何も受信できません。

アナログテレビはすでに電波がありませんので、ブースターを使っても受信できません。訂正文のところ、なんでこう書いたのか…(笑)ミスを指摘していただき感謝いたします!!

 

一方でスマートフォンは急速な普及により、データ通信速度が低下したり、つながりにくいという状況が発生しています。

 

そこで

現在ほぼ使われていない700MHz帯をスマートフォンの電波に利用し、通信速度の向上を図ろうというのが今回の狙いです。

 

ぶっちゃけどんなテレビに影響があるの?

アナログテレビにブースターを使っているご家庭と、デジタルテレビを使っている一部のご家庭に影響がありそうです。

「どうしてデジタルテレビも?」と思うかもしれませんが、デジタルテレビにブースターを使うと710MHzまで増幅することがあるようです。

 

そのため、一部のご家庭では映像がチラつく可能性があります。

>

 

なんでこんなチラシが何回も配られているのか?

このチラシ、結構よく見かけるんだけど?って方もいらっしゃるようですね。

それには理由があります。皆さんの生活に関わる大切なお話なので何回も出回っているのです。

 

700MHzでテレビがつながりにくくなることのお知らせ

先程も言いましたが、700MHz帯をスマートフォンの電波のために使います。

そのため、アナログテレビにブースターを積んでテレビを見ていた方は電波干渉を起こし、テレビの映像が乱れる可能性があるのです。

 

そこでお問い合わせをいただいた方には工事を無償で行い、テレビを安定して見れるようにしますというお知らせです。

 

工事は無料!詐欺行為防止のため

工事はお金がかからないようです。

700MHz利用推進協会:費用の請求をすることは絶対にありません。また、物品の販売をすることもありません。

 

費用を請求することは絶対にありません」と赤字で太く書かれています。

万が一にもテレビのアンテナ工事でお金を請求されることがないように、詐欺行為予防しようという狙いもあるようです。

 

詐欺行為なのかどうか確認するには?

「でも、詐欺かもしれないじゃん!」

そう思う方も多いですよね。そんな場合に確実に安心だと確認できる方法をお教えします。

 

テレビ受信障害対策員証を確認する

今回の工事に当たる方にはテレビ受信障害対策員証というものを携行しているようです。

しっかり番号が振られていれば大丈夫そうです。

700MHz利用推進協会:テレビ受信障害対策員証

 

本当に心配ならコールセンターへ!

先程のテレビ受信障害対策員証なんですが、こういう画像が出回っていれば偽造だってできてしまうかもしれません。

そんな時、心配ならテレビ受信対策コールセンターに電話しましょう!

心配だから電話をかけてみる!

 

実際にテレビの映像が乱れていたらどうしたらいいの?

実際に映像が乱れてしまう方もいらっしゃるようです。

その場合も先程と同様にテレビ受信対策コールセンターに電話しましょう!

映像が乱れたらコールセンターへ!

 

テレビの受信に影響が出ているお宅へは無償で回復作業を行ってくれます。

詳しくはこちらをお読みください

 

まとめ:700Mhz利用推進協会は怪しくない

ということで、今回の記事をまとめます。

700Mhz利用推進協会のまとめ
  • 一般社団法人700MHz利用推進協会は怪しくないし、詐欺でもない
  • 700MHz帯がスマートフォンに利用される
  • アナログテレビとデジタルテレビにブースターを積んでいた方はテレビの映像が乱れるかも
  • 工事は無償で行われる(詐欺行為防止)
  • 心配ならテレビ受信障害対策員証を見せてもらったり、コールセンターに電話しよう

 

そんなこんなで2017年10月19日以降に携帯電話で新しい電波が使われます。

もし問題が起こったらコールセンターへ!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう