ちゃんとやってる?WordPressで行うSEOに強いパーマリンクの設定

WordPressで行うSEOに強いパーマリンクの設定
The following two tabs change content below.
塩畑 貴志
塩畑 貴志(ソルティー)ともうします。ブログ、SEO、SNSを活用した集客の方法を教えています。ネットだけでなく、アナログまで幅広く考え、一番効果的な方法を探します。丁寧に優しく楽しくがモットー。 音楽大好きで初音ミクから演歌まで幅広く、仕事だけでなくプライベートでも、「とりあえずやってみる」をカラダ張ってやってる人。困っている人は放っておけないタイプ。 カワイイものがちょっと好き。猫も好き。

こにゃにゃちわ!ソルティーです。

 

皆さん、パーマリンクってご存知ですか?

何?パーマかけるの?とか思わないでくださいね!

WordPressを使っていく場合は、このパーマリンクを一番最初に設定しておきましょう!

 

パーマリンクはSEOにも小さな影響力ながら関係しているため、チリも積もれば大きな影響力になって非常に勿体無いことをしてしまうかも…!?

パソコン初心者でも設定は難しくないので、もし、やっていなかった場合は今すぐやっちゃってくださいね!

スポンサーリンク

パーマリンクって何?

パーマリンクというのはインターネット上の住所の一部です。

 

例えば、このURLだとパーマリンクはどこでしょうか?

https://pasolack.com/profile/

WordPressで行うSEOに強いパーマリンクの設定:これがパーマリンクだ!

そう、パーマリンクはprofileの部分です。

パーマリンクは自由な文字列にできるので、そのページだと分かりやすいような文字列にしてあげましょう!

 

あ、良いんですよ。無理してさっきの私のプロフィール読まなくて。本当に大丈夫ですよ!!!!

 

 

ちなみにpasolack.comはドメインと呼ばれる部分です。

 

ドメインに関してはこちらの記事で詳しく説明しているので読んでくださいね。

 

パーマリンクのメリットって何?

なんでわざわざパーマリンク決めなきゃいけないの?って思いますよね。

毎回ちゃんとパーマリンクを設定するのは面倒だけど、設定しておくとメリットもあるんです!

 

①URLを見ただけで何のページかが分かりやすい

https://pasolack.com/?p=863

https://pasolack.com/seo/permalink/

これは同じページを表したURLですが、どちらのほうが分かりやすいでしょうか?

 

何となく後者のほうが何について書いてあるのかが分かりやすいですよね?

 

このようにURLだけで何について書かれているかが分かったほうが理解しやすいので、クリック率が高まると言われています。

②静的なURLのほうがSEO効果が高い

p=001のような自動的に作成されるURLよりもpermalinkのような、自分でちゃんと設定したURLにしたほうがSEO効果が高まると言われています。

 

高まるというよりも、自動生成されたURLだと検索結果に載せてくれるGoogleクローラーがページを探せないことがあるんですね。

なので、自動生成されるような日付や、ページ番号は付けないようにしましょう。

 

理想的なパーマリンクに必要な3つのポイント

パーマリンクは自分でつければ何でもOK!というワケではなく、ちゃんと意識しておいたほうが良いことがあります。

それが以下の3つのポイントです!

①長くせずシンプルにすること

見た目も良く、分かりやすいシンプルなパーマリンク…。実はこれ、Googleがこのようにしましょうって言っています。

長いURLよりは短くてパッと見で分かるURLのほうが訪問者にも優しいですよね。

なので、これを守ることによってGoogleのサイト評価も上がり、検索に引っかかりやすくなるのです。

 

URLは長くしすぎず、短くシンプルにしておきましょう!

 

②パーマリンクを日本語にしないこと

パーマリンクには日本語も設定できます。

日本語だと作成した時には問題ないのですが、シェアされた時に問題が起こります。

 

例えば、パーマリンクが日本語で有名なサイトはWikipediaがあります。

とても良い記事だなと思った時、日本語パーマリンクが混ざったページのリンクを貼るとこうなります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3

これ何の記事だか分かりませんよね?

 

本来はこんなURLなんですが……

WordPressで行うSEOに強いパーマリンクの設定:日本語のパーマリンク

URLは本来、英数字しか表現できません。

“ドメイン”という日本語は本来URLでは表現できない文字なので、このように意味不明な文字の羅列になります。

 

具体的に日本語パーマリンクを使うデメリットは以下の通り。

  • URLをコピペした時、ものすごく長くなりすぎて、リンクされない時がある
  • トラックバック機能などを使うと表示されない時がある
  • WordPressのバージョンが古いと表示されない

一番のデメリットはURLをコピペした時に長くなってしまうという点。

日本語パーマリンクは日本人には分かりやすく、自分のサイトだけで完結するのであれば日本語のほうが良いですが、外部のサイトに貼ってもらったりすることも多いので、注意しましょう。

 

③アクセス解析を意識すること

アクセス解析とはGoogleアナリティクスのようなブログの閲覧状況を確認するツールを指します。

例えば「Facebookに関する記事だけを解析したい!」と思ったとします。

そんな時にカテゴリのスラッグ(後述します)を決めていなかったり、パーマリンクが自動生成される設定をしていると、Facebookに関連する記事だけのアクセス解析が困難になります。

 

事前にしっかりとFacebookの記事はFBのカテゴリに含まれるように設定していれば、Googleアナリティクスの「行動」→「すべてのページ」項目にある検索窓で「FB」と検索するだけで解析結果が表示できます。

WordPressで行うSEOに強いパーマリンクの設定:Googleアナリティクスとパーマリンク

 

 

パーマリンクの設定方法

重要性はなんとなくわかったけど、どうやって変更するの?と思っているかもしれませんね。

結構簡単に設定できるので、絶対に最初にやっておきましょう!

オススメのパーマリンク設定

WordPressで行うSEOに強いパーマリンクの設定:パーマリンクの設定方法

ダッシュボード→設定→パーマリンク設定から飛びましょう。

 

 

WordPressで行うSEOに強いパーマリンクの設定:カスタム構造

この中からカスタム構造を選び、以下をコピペして貼り付けてください。

こうすれば、カテゴリのスラッグに、ページ固有のパーマリンクを付けられるようになります。

 

他にパーマリンクで使用できるタグを知りたい場合はこちらからどうぞ。

 

カテゴリにはスラッグを設定しよう

ただ単にカテゴリを作ると、こちらもカテゴリ名のURLになってしまいます。

そうするとカテゴリ名が日本語だと、URLも日本語になっちゃうのです。

それでは困るのでスラッグという設定をして、URLには英数字が入るように設定しましょう。

 

WordPressで行うSEOに強いパーマリンクの設定:カテゴリーのスラッグ1

投稿→カテゴリーに入ります。

 

WordPressで行うSEOに強いパーマリンクの設定:カテゴリーとスラッグ2

カテゴリ名は日本語、スラッグ名は英単語にしておけばOKです。

記事内のパーマリンク設定

WordPressで行うSEOに強いパーマリンクの設定:記事内のパーマリンク

記事作成画面のタイトルの下に出ています。黄色い背景になっている文字列がパーマリンクとして変更できます。

 

WordPressで行うSEOに強いパーマリンクの設定:表示オプションのスラッグ

表示されない場合は、記事を一旦下書きをするか、表示オプションのスラッグに✓を入れましょう。

 

あとでパーマリンクを変えるデメリット

WordPressを導入直後には気付かないパーマリンク設定ですが、この作業は

絶対に最初にやっておいたほうが良いです。

 

それは以下の3つのデメリットが起こる可能性があるからです。

①SNSシェアカウントがリセットされてしまう

SNSでのシェアというのはSEO効果も高く、検索順位に大きく影響する項目です。

ところがそのSNSシェアカウントはURLごとにカウントされているので、パーマリンクを変えてしまうとシェアカウントも0にリセットされてしまいます。

そのため、途中でパーマリンクを変更するのはとても勿体無いのです。

 

②Google評価もリセットされる

SNSシェアカウントも同じようにURLごとに評価されています。

そのため、パーマリンクを変更するとGoogle評価も最初からになってしまいます。

 

リダイレクト処理(移転しましたよと検索エンジンに教える+自動ジャンプ機能)を設定しておくことで、元のGoogle評価の50〜80%は引き継ぐことができるようです。

でも、やっぱりパーマリンクは迂闊に変更しないのが一番ですね。

 

③外部からのリンクが繋がらなくなる

URLは自分だけが使うものではありません。

もし、他のブログで記事の紹介のためにURLを貼ってくれていたとしたら、パーマリンクを変更してしまうとつながらなくなってしまうかもしれません。

こちらもリダイレクト処理を入れて、変更する前のURLから変更後のURLに飛ばす設定にしておけば大丈夫……ですが、設定が大変なので、やっぱりパーマリンクは一度決定したら変更しないほうが良いでしょう。

まとめ

パーマリンクの大切さは分かっていただけたでしょうか?

では、まとめです。

 

パーマリンクの設定は

  1. 自動生成パーマリンクにしない!
  2. 長くせず意味が分かるようにする!
  3. 日本語で作らない!
  4. カテゴリにはスラッグを設定する!
  5. あとでパーマリンクは変えないようにする!

この点を押さえて、正しいパーマリンクを付けてあげてくださいね!

 

では、あなたのパソコンライフが今日もラクでありますように!アディオス!

WordPressで行うSEOに強いパーマリンクの設定

ABOUTこの記事をかいた人

塩畑 貴志

塩畑 貴志(ソルティー)ともうします。ブログ、SEO、SNSを活用した集客の方法を教えています。ネットだけでなく、アナログまで幅広く考え、一番効果的な方法を探します。丁寧に優しく楽しくがモットー。 音楽大好きで初音ミクから演歌まで幅広く、仕事だけでなくプライベートでも、「とりあえずやってみる」をカラダ張ってやってる人。困っている人は放っておけないタイプ。 カワイイものがちょっと好き。猫も好き。