The following two tabs change content below.
ソルティー

塩畑 貴志(ソルティー)ともうします。

中学の頃、完全に記憶喪失になり、普通のレールに乗ることが夢に。しかし、社会人になってからADHDと分かり、組織にうまく染まれず、行き着いたのがフリーランスという道でした。

ブログで大事にしてることは『ブログ』を一つの作品として発信し、どんなに辛いことがあっても見本になれる生き方を見せることです。

その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください

どうも、ソルティーです。

今回も質問がきていたので、こちらを解決してみようと思います。

さくらインターネット 内部サーバーエラー:リクエストを完了できませんでした

サーバーで内部エラーまたは設定ミスが発生したため、リクエストを完了できませんでした。

このエラーが発生した時刻、およびこのエラーの直前に実行した操作については、support @ sakura.ad.jpでサーバー管理者に連絡してください。

このエラーに関する詳細情報は、サーバーエラーログにあります。

「最近、内部サーバーエラーってのがよく出てくる。対策した方がいい?対策方法はどうしたらいい?」

 

内部サーバーエラー。つまり、「使っているサーバーでエラーが起こっちゃってますよ」という意味です。

 internal server errorや、HTTP500エラーとも言われます。

 

話を詳しく聞いてみると、どうやらさくらインターネットで作ったブログで発生した事案のようです。

原因はなんとGoogleのクローラーだったことが判明しました。

 

今回はどのように解決したのかを備忘録的にまとめておきます。

 

さくらインターネットで内部サーバーエラーに原因として考えられること

内部サーバーエラーになってしまう原因として考えられるのはこの4つです。

内部サーバーエラーの原因
  1. さくらインターネットサーバー側の問題
  2. プラグインで競合が起こっている
  3. .htaccessファイルの記述が間違っていて表示できない
  4. パーミッションの設定が間違っていてアクセスできない

 

このような原因になります。

 

2〜4の場合、確実に内部サーバーエラーになる

ただ、今回の質問で注目したいのは「最近、内部サーバーエラーってのがよく出てくる。」という点です。

 

プラグインで競合が起こっている、.htaccessファイルの記述が間違っていたり、パーミッションの設定が間違っている場合は確実に表示されません

ページが表示できたり、表示できなかったりするようないつ内部サーバーエラーになるか分からない場合は、さくらインターネット側に何か予期せぬ異常が起こっているケースしかあり得ません。

 

サーバーがアクセス過多でパンクしている可能性

さくらインターネットに限らずですが、サーバーというのは一日に転送できる量が決まっています

サーバーがパンクする原因として考えられるのはこの3つ!

サーバーパンクの原因
  • Googleクローラーに異常が起こり、特定のページにアクセスしまくっている
  • 外部の何者かがブルートフォースアタックでログインしようとしている
  • アクセス数が増えすぎて転送量を大きく超えてしまっている

このような原因が浮かびます。

 

ちなみにパンクしているとSEOにも影響大!検索順位が落ちたり、まったく表示されなくなってアクセス数が減るなど良いことがありません。

 

内部サーバーエラーの原因を切り分けるにはアクセスログを活用する

内部サーバーエラーになってしまう理由はたくさんあるので、どれが原因を切り分けるにはアクセスログを活用します。

ログ機能はレンタルサーバーには必ずついている機能です。

 

こういうエラー対処は一個ずつ原因となり得る可能性が高いものから順にしらみつぶししていきます。
焦らず確実にやるのがポイントです。

 

詳細アクセス解析を有効にする

さくらインターネットの場合は、最初カンタンなエラーログしか出てこない状態なので、詳しいアクセスを分析できるアクセス解析を有効にしましょう。

 

サーバーパネルにログインし、[アクセスログの設定]をクリック。

さくらインターネット 内部サーバーエラー:アクセスログの設定

 

アクセスログの設定になるので以下のように設定を変えて、[送信]ボタンを押しましょう。

アクセスログの保存設定残す
エラーログも残す
ホスト名の情報残す

さくらインターネット 内部サーバーエラー:アクセスログの設定

 

さきほどの設定をすると詳細なアクセス解析ができるWebalizerが有効になります。

24時間以上経過するとアクセス解析の結果が蓄積されているので、アクセス解析を選択して結果を見にいきましょう。

さくらインターネット 内部サーバーエラー:アクセス解析を使う

 

今回はGoogleクローラーから異常なアクセス回数があったことが原因

アクセス解析の結果を見てみるとなぜかトップページに異常なアクセスがあることが分かります。

このアクセスが一体誰のものなのかを見てみると…。

さくらインターネット 内部サーバーエラー:トップページへの異常なアクセス

 

この異常なアクセスの犯人はhttp://www.google.com/bot.html(つまりクローラー)からの異常なアクセスであることが判明しました。

さくらインターネット 内部サーバーエラー:Google bot

ソルティー
他のページは1000回もないくらいなのに、トップページ40万回表示ってどんだけ来てんねんっ(笑)

 

異常なアクセスがあるとサーバーが不安定になる

なぜGoogleクローラーが来るだけで表示が不安定になるのか?というと1日のページ転送量の上限を超えてしまうからです。

ちなみにさくらインターネットの転送量はこんな感じです。

プランごとに想定されている転送量の目安です。

※ お試し期間中はプランに関わらず、目安より低い値で転送量が制限されております。
※ コンテンツダウンロード中にブラウザ側から中断を行った場合は、すべて転送したものとして扱われます。

目安値を大きく上回る、または短時間に転送量が大きく増加した場合、「503 Service Temporarily Unavailable」等のエラーが表示されます。
エラーの詳細はこちらをご確認ください。

ライト40GB/日
スタンダード80GB/日
プレミアム120GB/日
ビジネス160GB/日
ビジネスプロ200GB/日

出典:転送量の目安 - さくらのサポート情報

 

クローラーの場合もページを表示し、閲覧しているので、この転送量が消費されます。

例えば1ページ100KBの超軽いページだったとしても、40万回も表示されてたら大体38GBの転送量になります。

さくらインターネット 内部サーバーエラー:40000000キロバイト

ソルティー
そりゃ表示されなくなるわ!

 

Googleのクローラーのアクセスを拒否しちゃおう!って人もいますが、クローラーは検索エンジンにインデックスしてくれる大事な役目を担っているので、アクセスをブロックするのは止めたほうが良いでしょう。(検索に載らなくなっちゃうので)

 

クロールの頻度を変更し、アクセス回数を制限する

そんなワケなんで、Googleクローラーのクロール頻度をゼロではないが、ちょっとくる程度にして欲しい…くらいに変更しましょう。

 

まずはGoogleSearchConsoleにアクセスして、問題となっているブログのルートドメインを選択します。

 ルートドメインって?

ルートドメイン、サブドメイン、サブディレクトリ

●ルートドメイン

ルートドメインとは、“Root”つまりドメインの”根っこ“となる部分を意味します。 SEOPackの場合、ルートドメインは、http://seopack.jpです。

出典:ルートドメイン、サブドメイン、サブディレクトリ - SEO Pack

カンタンに言うと、●●.comのようなドメインのことです。

●●.com/sab のようなサブディレクトリ構造になっているブログのGoogleSearchConsoleではクロール頻度は変更できません。

 

画面右上の[歯車]を押し、[サイトの設定]を押します。

さくらインターネット 内部サーバーエラー:歯車からサイトの設定

 

[Googleの最大クロール頻度を制限する]を選択し、来てほしい頻度に設定しましょう。

今回は1秒で一回くらいにしました。こうすれば1日、86400回まで抑えられます。

さくらインターネット 内部サーバーエラー:クロール速度を制限する

 

これでも足りなかったらさらに頻度を下げて様子を見ます。

 ちなみにクロール頻度の変更には有効期限があるので注意!

 

それでもアクセス制限を超過するようならキャッシュを有効に

どうしてもクロール頻度を下げてもアクセス制限を超えてくるようならキャッシュを有効にしましょう。

キャッシュは一度作成したページを使い回し、転送の負荷を軽減する方法です。

 

WordPressの場合はプラグインでカンタンに実装できるのでどうしてもダメなら試してみましょう。

 ただ、キャッシュは不具合も多いので注意してください。

 

キャッシュの設定で安全なプラグインはWP Fastest Cacheです。

 

まとめ:まずはアクセスログをしっかり原因を捉えるのが先決

今回はGoogleクローラーがおかしな動作をしていましたが、原因はこればかりとは限りません。

大事なのはアクセスログを見て原因がなんなのか、原因究明をしっかり行うことですね。

 

この辺りは難しいので、分かる人に聞かないと難しいかもしれませんが、ひとまず今回の件は解決!

内部サーバーエラーで他に役立つかもしれないサイト
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事