The following two tabs change content below.
りょうた
会社をクビになって自信を無くしていた中でブログを始めました。
僕自身、ブログに救われたのでそんなブログの魅力を伝えられるような記事を発信していきます。
詳しいプロフィールはコチラ

こんにちは、りょうたです。

今回の記事のテーマは『Twitterのフォロワーの増やし方』。

実は僕含めブログなどメディア運営をやっている方にとって、SNSからブログへの流入で言うとTwitterが特に多いです。

 

つまりTwitterのフォロワーが多いほど、それだけ自分のサイトに来てくれる人も増えるというわけです。

そんなわけで、Twitterのフォロワーを増やすことも、実はブログ等のアクセス増につながるのです。

僕も先日Twitterのフォロワーが1000人いきました。

 

今回は僕の経験談も含めて、Twitterのフォロワー数別に段階を分けて、フォロワーの増やし方をシェアしていきます。

 

フォロワーは何もせずに増える近道なんてない、あるのはコツだけ

最初に言っておきますが、フォロワーを増やすには自動でドドッと増えていく方法はありません。

やはり世の中や、社会に何らかの価値があって、それを努力している姿を見せ続けることが重要です。

なので「続けること」「コツコツやること」が重要になってきます。

 

そのため、何もせずいきなりフォロワーが1000人に増えるとかはないです。

その代わりコツをつかむことでフォロワーはある程度増えやすくなります。

そのコツをいくつか紹介します。

 

効率よくフォロワーを増やすコツ

さきほども触れたように、フォロワーを増やすことに近道(すぐに増えること)はありません。

それでも増やすためのコツ・これはやっておいた方が良い事、というのはあります。

その辺を僕の経験も踏まえて紹介します。

 

コンテンツの中身を意識しよう

まずはコンテンツの中身(質)ですね。

 例えば、

  • おはようございます!
  • ランチなう
  • ○○に行ってきました(^^)

 

みたいなことばかりをツイートしても実際それに反応されるのは芸能人だったらの話であって、一般人が日常的なことばかりツイートしても見ている人はそこまで興味を持ちません。

 

例えば僕であれば、「HSP」や「メダカの飼い方」あたりをメインにTwitterで発信していますが、何を発信するとしても「見ている人のプラスになるか?(有益か?)」というのは意識するようにしています。

それが結果的に、中身(質)の向上につながります。

 

誰向けに発信しているか決めよう

考えている女性

「ペルソナ」とも呼ばれる考えです。

 例えば、

  • 転職を考えている20代の男性
  • 幼稚園児のお子さんを持つお母さん
  • パソコンやスマホ初心者の高齢者

 

みたいにどんな人に向けて発信しているかをはっきりさせておくと良いですね。

(さらに言うと、この人!と一人をイメージできるとより良いです)

 

僕も以前は、いろんなことを幅広く発信していましたが去年の前半は「メダカ」、後半から今に至るまでは「HSP」について発信するようになりました。

このように発信内容をある程度絞る事で、「○○の発信と言えばこの人!」という権威性みたいなものも出てくるので、信用度も増し、フォローもされやすくなります。

 

僕もHSP関連のフォロワーが多いので、ある程度「HSPの人」という認識はされているようです。

※あくまでメインで多少は日常的なことのツイートもしてます

 

プロフィールにこだわりを持つ

Twitterのプロフィール

他のユーザーがあなたをフォローするにあたって、プロフィール文は必ず見られます

あなたと面識のない方であれば、「どんな人だろう?」と思うのでなおさらですね。

 どんな人だろうと思って見る

  • どんな人か?
  • どんな発信をしているか・思いを持っているか?
  • フォローするとどんなメリットがあるか?

 

などが明記されていると、自分のことを分かってもらえてよりフォローされやすくなります。

 

加えて、ヘッダー画像(画面の一番上の画像)やプロフィール画像もネット上にあるものではなく、自分で撮影や加工をするなど、自分を表す物を使うと良いですね。

この2つもプロフィール文同様に必ず見られるので、しっかり自分がどんな人かを表現しましょう。

お店で言えば『看板』のような位置づけですね。

 

積極的に絡む

Twitterでは仲良く

TwitterはFacebookと違い、基本的に公開の制限はありません。

そのため非公開アカウントを除いて誰にでも話しかけることが出来ます。

(リプライが来るかは人によります)

 

僕の場合は、Twitter内は相手を見た上ですが積極的にコミュニケーションは取るようにしています。

Twitterでただツイートしていても、見ているのはほとんどフォロワーの方だけですし、フォロワーが少なければなおさら見ていている人数は少なくなります。

なので、フォロワーの方はもちろんそれ以外の人にも自分の存在を認知してもらう必要があります。

 

Twitterはかなりオープンな要素が強いSNSなので、見知らぬ人でも意外とリプライをくれる人は多いです。

別にTwitterだから特別に何かする必要はなく普段のコミュニケーションと同じような感覚で話しかけて大丈夫です。

 

フォロワー数別の増やし方

 

0〜200人くらいまで

0人だと何も起こらないので、積極的にフォローしにいく時期です。

なので自分から興味がある人属性(発信内容)が近い人をフォローしまくりましょう。

Twitterも検索はできるので、自分に関係のありそうな語句で検索をすればそれについて発信をしているユーザーを見つけることが出来ます。

自分に近い方であれば、フォローされる(フォローバック)確率も上がります。

 注意点

一気に100人以上フォローするとアカウントが凍結されることもあるので、毎日10〜30人ずつくらいフォローしていくのがコツ。

 

またあまりたくさんの人をフォローしすぎると、見たいツイートがタイムラインに埋もれて見れなかったり一人一人のフォロワーとのつながりが希薄になる点は注意です。

 

あとはTwitterの特性上、古いツイートはタイムラインの遥か彼方に流れてしまうので、ある程度の数はツイートをするのも重要です。

僕の場合は、「1日30ツイート」を目標にやってましたが、意外と量も重要なのです。

量をこなすことで、後から質も自然とついてきます。

 

200〜1000人

Twitterで1000人までにやること
  1. コンテンツの強化
  2. フォロワーと積極的に絡む
  3. 属性の近いインフルエンサーをうまく活用する

ひたすら発信に努めます。

ツイート、リプライ、引用RT…。いろんな手法を活用しましょう。

 

どんな方法でも良いので、ここでも1日30ツイート(量)を意識してみましょう。

古いツイートはどんどんタイムラインの下に追いやられるので、数をこなすことも大事です。

 

また、フォロワーの方とも積極的にコミュニケーションを取ると良いですし、インフルエンサーの方も上手く活用すればあなたのツイートをリツイートなどで拡散をしてくれて、たくさんの人があなたのツイートを見てくれるなんてこともあります。
(ただし、インフルエンサーがあなたのツイートを拡散するかは運次第です)

 

ここらへんからTwitterアナリティクスも使って、価値のあるコンテンツとして発信力を鍛えていきます。

アナリティクスも使う事で、どのツイートが反応(いいね・リツイート)があったか反応のあるツイートの傾向もある程度は見えてきます。

良い情報は溜めずに発信して、アナリティクスなどを見ながら試行錯誤していくと良いですね。

詳しくはコチラ⇒▶TwitterAnalytics

 

さらに、アナリティクスを活用したりフォロワーの方を観察していると、

どのような人があなたのフォロワーになっているか?

なんてこともわかってきます。

 

これが分かれば、そういう人に合わせてのツイートもできてさらに他の近い属性の方からもフォローしてもらえます

例えば、ブロガーの方のフォロワーが多いようであれば、SEOなどブログ技術に関するツイートを多めにするとか、ですね。

 

まとめ

Twitterのフォロワーを増やす方法
  1. コンテンツの中身・質を重視
  2. 誰向けに発信をしているかを明確にする
  3. プロフィール文をしっかり書く
  4. 他のユーザーと積極的にコミュニケーションを取る
  5. 自分に近い属性の人をフォローする
  6. Twitterアナリティクスを活用する

     

    今回の記事ではTwitterのフォロワーを増やすコツをまとめました。

    特にブログやYoutubeについてはTwitterからの流入も意外と多いです。

     

    僕だとSNSからの流入の内、7~8割はTwitterからのアクセスです。

    なのでブログなどをやっている方には特にTwitterを活用し、フォロワーを増やすのもオススメです。

     

    また、Twitterだけ見てもフォロワーが増えることでたくさんの人にあなたが認知されることにもなります。

    Twitterで自分の可能性を広げてみましょう!

    スポンサーリンク

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事