今月は夢の叶え方特集!
Cocoonのダウンロードとインストール
The following two tabs change content below.
りょうた
会社をクビになって自信を無くしていた中でブログを始めました。
僕自身、ブログに救われたのでそんなブログの魅力を伝えられるような記事を発信していきます。
詳しいプロフィールはコチラ

WordPressの無料テーマ「Cocoon」(コクーン)のダウンロードとWordPressへのインストールの方法についてです。

 

CocoonをWordPressのテーマとして使用するには

  1. テーマのダウンロード
  2. ダウンロードしたテーマをWordPressにインストール
  3. インストールしたテーマを有効化する

    という流れがあります。

     

    WordPressのテーマはインストールしてテーマの有効化まで終われば、使えるようになります。

    そこで、今回はCocoonのテーマが使えるようになるまでの流れをまとめました。

    Cocoonの評判を先に見たい方はこちら

     

    WordPress 無料テーマ『Cocoon』のダウンロード

    親テーマをダウンロード

    まずはCocoonのテーマをダウンロードしましょう。

    ダウンロードについては、Cocoonの公式サイトがあるのでそちらでできます。

    ダウンロードページはこちら

    Cocoonのダウンロードボタン

    ページの中ほどにダウンロードのボタンがあるのでそこをクリックすればすぐにダウンロードが始まります。

    りょうた
    有料テーマだと、ここで購入手続き(クレジットカード決済など)があるので少し手間がかかりますが、無料テーマだとボタン一つですぐにダウンロードが始まるので良いですね。

     

    子テーマをダウンロード

    また、子テーマも同時にダウンロードしておきましょう。

    Cocoonの子テーマのダウンロード

     

    子テーマはなぜ必要なの?

    WordPressのテーマには「親テーマ」と「子テーマ」があり、基本的にダウンロード、インストールが必須なのは親テーマです。

    (子テーマだけだと機能しない場合もあるため。テーマにもよりますが)

     

    子テーマについては必ずしもインストールしなくても、親テーマだけでもWordPressとしては機能します。

    ただし親テーマの場合、WordPressテーマでたまにアップデートがあるのですが、そのアップデートがされた際にもし自分でファイル内を直接カスタマイズしていると、アップデート時にその自分でカスタマイズしたものが消えてしまうことがあります

     

    子テーマではそのリスクがないため、もし自分でファイルをいじる場合は子テーマがあった方が良いのです

    りょうた
    逆に言えば、WordPress初心者で特にそのような核の部分をいじる予定がなければ、親テーマだけでも大丈夫です。

     

    WordPress 無料テーマ『Cocoon』のインストール

    親テーマのインストール

    ダウンロードしただけでは、パソコンにテーマのデータが入っただけでWordPressで使える状態ではありません

    そのため次はお使いのWordPressにダウンロードしたデータを「インストール」する必要があります。

     仕様としてWordPress version5.0以上、PHP7でなければ動作が不安定になる可能性があるので注意しましょう

     

    ダウンロードができたら、次はCocoonのテーマをWordPressにインストールします。

    「ダッシュボード→外観→テーマ」と行くと以下のような画面が出ます。

    新規追加をクリックすると、パソコン内のデータが出てきます。

    WordPressテーマ新規追加の場所

     

    [テーマのアップロード]を選択。

    cocoonのインストール、テーマのアップロード

     

    [ファイルを選択]を選択。

    cocoonのインストール、ファイルを選択しよう!

     

    参照するとパソコンの中に、「cocoon-master-x.x.x.x.x.zip」というファイルがあるので、それを選択し、インストールしましょう。

    Cocoonのテーマのファイル

    まずは「master」の方を選ぼう

     

    [今すぐインストール]を選択しましょう。

     ZIPファイルは展開しないでZIPファイルのままインストールしましょう

    cocoonのテーマを今すぐインストール

     

    この画面が出れば、CocoonのテーマのインストールはOKです。

    Cocoonは子テーマがあるので、有効化せずに子テーマのインストールをしましょう。

    Cocoonインストール完了

    これでCocoonの(親)テーマのインストールはOK

     

    インストールできなかった場合

    インストールエラーが出る際には
    上記ファイルでインストールするとサーバによっては以下のようなエラーメッセージが出ます。

    アップロードしたファイルは php.ini で定義された upload_max_filesize を超過しています

    その際には以下のファイルでインストール後しばらくして、自動更新から最新版にアップデートしてください。

    出典:Cocoonテーマのダウンロード

     

    たまにインストールできない時があるようです。

    これはサーバーによってアップロードデータの最大サイズがあり、それを超えてしまった場合に出てくるエラーです。

     

    エラーが発生する場合は、サーバーのアップロード制限量を増やすか、容量軽減版を使ってインストールしましょう。

     

    子テーマのインストール

    WordPressは親テーマの他に子テーマというものが用意されている場合があります。

    この場合は、子テーマをインストールして有効化しておきましょう。

     子テーマは親テーマがインストールされていなければ動作しません

     

    親テーマの時と同じ要領でテーマのアップロード画面まで行きましょう。

    Cocoonのテーマのファイル

     

    今度は cocoon-child-master-1.0.8.zip を選択して、インストールを行いましょう。

     

    WordPress 無料テーマ『Cocoon』を有効化

    インストールしてWordPress内にテーマを取り込むことができました。

    ただしまだテーマとしては機能していません。

     

    機能させるには最後に「有効化」ということをする必要があります。

    ただし、有効化と言ってもクリックして終わりです。

     

    場所は「ダッシュボード→外観→テーマ」

    このようにインストールしたテーマが一覧になって出てきます。

     

    今回はCocoonの子テーマを有効化するので、「Cocoon Child」の部分にある有効化をクリックします。

     子テーマがある場合は基本的に子テーマを有効化します。親テーマはインストールしただけでOKです

    Cocoonの子テーマを有効化しよう!

     

    少し待つと、

    Cocoonのテーマが有効化できた

    このように「有効化されました」と表示されるので、この状態になれば大丈夫です。

    これでCocoonのテーマを使うことができます。

     

    WordPress 無料テーマ『Cocoon』のインストールは難しくない

    1. Cocoonの公式サイトにアクセスして、テーマをパソコンにダウンロード
    2. ダウンロードしたテーマをWordPressにインストール
    3. インストールしたテーマを有効化する

     

    以上の流れでCocoonのテーマのダウンロードからインストールができます。

    これによってCocoonをWordPressテーマとして使用することができます。

    あとは記事を書いたり、デザインを整えたり細かいところを整理していきましょう。

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう