今月は夢の叶え方特集!
Diver テンプレート画面
The following two tabs change content below.
もじゃさん
千葉県香取市で多肉植物をメインに生産している自称ハイパーメディア百姓
”百”のことができて百姓!現代の農家はweb制作ができてなんぼもん。
そういったわけで生産の傍ら自社サイト立ち上げなんかを自力でやっていたらいつの間にか詳しくなってしまったパターン。
もともと研究者気質なところもあるようで、調べだすと没頭するタイプなので調べものをしてブログを書くのも得意です。どうぞよろしく。

どうも、ブログのツール担当のもじゃさんです。

 

検索順位を意識したり、読みやすさや高級感を出すレイアウトを
考え出したりすると、自分の使っているテーマやプラグインでは痒いところに手が届かず、
めんどくさいなーなんて思ってブログの更新が滞ってしまうことはありませんか?

 

私、良くあります。

 

テーマの出来合いのレイアウトや配色だといまいち物足りないし、
新着記事や過去記事一覧をクリックしてもらいやすいところに配置したいけど
適当なプラグインを探して使い方を覚えるのも大変なんです。

結果、テーマ難民、プラグイン難民になってしまう方も多いのではないでしょうか?

今日はそんな悩みを一気に吹き飛ばすワードプレスのテーマを紹介します。

 

有料ですがこれすげぇです!

 

公式サイトのキャッチコピーから凄い

「アフィリエイトに最適化されたWordpressテーマ。
SEO対策、サイト回遊率、離脱率、アフィ収益等、
Diverですべて解決してみせます。」
~wordpressテーマ Diver公式サイト から引用

 

公式サイトをご覧になっていただければわかると思うのですが
収益性の高いブログを作るのに必要なツールが全部そろっています。

そんなテーマが一体どこがすごいのか

どうやって使うとかっこいいブログが作れるかを紹介します。

 

DIVERとは

紹介する、と言ったのですが、ちょっと質問です。
質の高いブログって何が必要でしょうか?

質の高いブログの条件
  • ライティング
  • SEO
  • ブログ記事の情報量

 

この辺りは、当たり前のことで最低限必要なところです。
あとは、フォントや見出しの装飾、画像の最適化など記事のレイアウトも見やすくしないといけないですよね。

 

もっと大事なものがあります、UX(ユーザーエクスペリエンス)の高さです。

 ※UX(ユーザーエクスペリエンス)
ユーザーが対象のモノや事を経験したときに得られる満足感

 

ブログ記事を読んだ時に得られる感情の高まりをマックスまで引き上げてあげることが重要なんです。

心が動けば行動に繋がります、そうした質の高い記事の多いサイトは必然的に収益性が高くなります。

 

UXを高める技術は、知識と実践の積み重ねでしか得られないもので、
様々な勉強をし数年単位で実務をこなして体得するものなんです。

これからブログを書きたい人や、伸び悩んでいる人はなかなかそういう技術を得ることも難しいと思います。

 

が、

 

このDiverというテーマは、そのUXの技術がボタン一つで使えるようになっています。

本来何年も試行錯誤を繰り返し会得するweb制作の技術をそのままワードプレスのテーマで使えるようにしてしまっています。

 

いや、ほんと、これすごいんですよ。

この動くマーカーがボタン一つで出来るんですよ!

 

本来はこれをCSSをいじって作ろうと思うと

まず、テキストを<span>で括ってクラスを付けます。
そしてつけたクラスにCSSで

 

.fugafuga active {
background-position: -100% .4em;
transition: 2.5s;}

.fugafuga {
background-image: -webkit-linear-gradient(left,transparent 50%,rgb(255,247,2) 50%);
background-image: -moz-linear-gradient(left,transparent 50%,rgb(255,247,2) 50%);
background-image: -ms-linear-gradient(left,transparent 50%,rgb(255,247,2) 50%);
background-image: -o-linear-gradient(left,transparent 50%,rgb(255,247,2) 50%);
background-image: linear-gradient(left,transparent 50%,rgb(255,247,2) 50%);
background-repeat: repeat-x;
background-size: 200% .8em;
background-position: 0 .5em;
font-weight: bold;}

と何行もコードを書かなければいけないのですが、
投稿文章の編集画面テキストタブを開いて定昇のテキストを選択して「動くマーカー」ボタンを押すだけなんです。

 

こういうアニメーションがあると、人は自然と意識が集中しやすくなりますので、ブログを熟読してもらうには重要です。

でも、テキストの色を変えたり下線を付けたりするのではなくマーカーっぽく装飾するのは比較的やっている方も多いのですが、

マーカー部分が動く、ってなかなかいないですよね。

 

こういった、ブログ読者をブログの世界に引き込むための仕掛けが数多く使えるようになっていて、しかもそれが直感的に使えるので操作方法自体はあまり覚えることは少ないです。

ブログ初心者でも、web制作のプロが使うような機能を簡単に使えてしまうチートじみたテーマDiverの魅力です。

 

サポート

ブログ初心者でもプロみたいなブログが作れるっていうけど、
実際やってみたらやっぱりわからなかった、お金損じゃん!

と心配になる人も多いと思います。

 

しかし、このDiverのすごいところはそのサポートの手厚さです。

サポート期限もサポート回数も

無制限です。

 

しかも、サポート料金は基本無料で、原則順次メール対応ですが場合によっては別の方法でも対応してくれます。(※要相談)

ただし、サポート内容が手のかかるものだったりすると別途見積もりとなり有料になることがあります。

 

今まで使ってきたテーマでは、サポートフォーラムはあるけど活発でなかったり、ひどいところだとサポートにメール送っても梨のつぶてだったりでしたが、これだけ手厚いサポートをしてくれる運営会社ってなかなかないです。

これだけダイバーの運営会社がサポートに力を入れているかというと、

「お客様の声が「Diver」をより強化して成長させてくれると考えたからです。ほんとに些細な事でも構いませんので、お気軽にご意見やご要望をお聞かせください。」
~Diver公式サイトより~

 

ユーザーの声が品質改善の近道を実行しまくっているから、これだけ高品質なテーマが完成したこともうなずけます。

なので、初心者で分からないという方も安心してサポートを使い倒してください。

いいブログを作るには、分からないことがあれば聞くのが一番です。

 

DIVERを使ってみた評価

Diverに備えついている機能一覧を紹介します。
非常に種類が豊富なので紹介しきれませんが使ってみてこんな感じだった、
ここが初心者には分かりづらいかも、
という点もレビューしていますので参考にしてみてください。

 

ファーストビュー設定

ファーストビューはブログの回遊性に直結します。見やすいデザインはもちろんですが、
自分のサービスやキャラクターのイメージに合ったデザインであることが重要です。

 

ワードプレスのテーマはファーストビューについては、自由度が低いことが多いですが、
Diverだと多くのデザインからファーストビューを選ぶことができます。

設置が複雑で更新が面倒くさいスライダーも簡単に設置ができますし、
画像を使わなくてもデザイン性の高いファーストビューのテンプレートもあります。

 

実際に操作してみましたので参考にしてみて下さい。

まずこちらがブログの初期状態です。
何も設定をいじっていませんので、まぁなんて言うかひどい状態です。

Diver 初期状態

Hello worldに加えて、見栄えを確認するためにテスト用の投稿を3つ作りました。
全ての投稿にアイキャッチ画像を適当に設定しています。

 

Diverオプションのファーストビュー設定をクリックします。
背景設定、コンテンツ設定を以下のように入力しました。

Diver ファーストビュー 背景設定

Diver ファーストビュー コンテンツ設定

Diver ファーストビュー ボタンリンク設定

 

ファーストビューの種類をシンプルに設定し、コンテンツにサンプルの画像とボタンを設定しました。

 

 この時注意が必要なのはボタンテキストに何かを入力しても、
ボタンのリンク先URLを入力しないとボタンが表示されません。URLの入力は忘れないようにしましょう。

 

あとはDiverオプションの基本設定のヘッダーメッセージを入力しました。

Diver 基本設定 ヘッダーメッセージDiver 基本設定 ヘッダーメッセージ

 

ここにもリンク先を入力するところがありますので、しっかり記入しましょう。

ここまでの編集作業で見た目がこうなります

Diver ファーストビュー設定 編集後

 

なんとなく見た目がしっかりしてきましたね。
でも、ちょっと物足りなさもあります。

 

そこで、通常はプラグインだったりjQueryなどのスクリプトだったりを用いて導入する必要があるスライダーを付けてみます。

これは任意の記事を表示させることができるので、まず読んでもらいたい記事や、収益用の記事など勝負記事を表示させると良いです。

 

背景設定をシンプルにしていたところのラジオボタンをピックアップスライダーに変更します。

Diver ピックアップスライダー設定

 

そうすると、以下のようにブログの見た目がグレードアップするのですが、設定の前準備がありまして、ここが初心者が分かりづらいポイントになるかと思います。

 

まず、サイドバーメニューの外観→カスタマイズ→メイン設定を選択します。

diver ピックアップスライダーの設定方法

 

上の画像のような画面になりますが、ピックアップスライダーについてはすぐに出てきません。

 

スクロースでメニューを下の方まで見ていくとスライダー記事という項目が出てきます。
ここの「ここで設定したタグが含まれている記事が、トップページのスライダーで表示されます。(デフォルトpickup」という部分が曲者でファーストビュー設定のページからかけ離れた設定位置にあるので非常にわかりづらいです。

 

pickupのタグについては何でもよいので、私が変えませんでしたが、ブログの方向性やピックアップに載せたいジャンルが決まっている場合にはそれに合ったタグに変えると良いでしょう。

diver ピックアップスライダーの設定方法

 

で、この設定が終わったらすでにある記事に対してピックアップに表示させるタグを付与します。
ブログ記事の編集画面のタグの部分で先ほど設定したタグを追加します。

diver ピックアップスライダーの設定方法

 

これでトップページのファーストビューにピックアップスライダーが表示されるようになりました。

見た目がかなり洗礼されてきて嬉しいですね!

diver ピックアップスライダーの設定方法

 

あとはファーストビューのシンプルには様々なデザインがあります。
ここを変更するとサイトのイメージががらりと変わりますので、
自分のブログの内容にあったイメージのものに設定すると良いと思います。

diver シンプルの設定方法

 

使うかどうかは別としてデザインの種類が5種類に背景カラーと背景サブカラーが24ビットずつなので、

5種類×2の24乗×2の24乗で

何と1,407,374,883,553,280種類もの
ファーストビューが作れます!

凄いですね!!

 

ということで1,407,374,883,553,280分の1の奇跡の確率で選抜されたファーストビューはこちら

Diver による1,407,374,883,553,280種類あるうちのシンプルファーストビューの一つ

 

シンプルを設定した場合、先ほどピックアップスライダー用のタグを設定した上にあった
テキストエリアのスライダー記事というところを入力すると
上の画像の「おススメコンテンツ」と書かれたところに任意の文章が表示されます。

先ほどのピックアップスライダーを使っていた時とイメージががらりとポップに変わりました。

少し設定項目が多いですが、ファーストビューの自由度がかなり高いのも好ポイントですね!

 

フッター固定メニュー

今はモバイルでブラウジングする人が増えていますのでブログの回遊性やコンバージョン率を高めるためにも固定メニューは必須アイテムです。

この機能を使うとスマートフォンの表示で、フッターに固定メニューが表示されます。
様々な項目がカスタマイズ可能なので自由度も高いのでぜひ設定して使い倒してほしい項目です。上手に使えばアクション数が増えること間違いなしです!

 

カスタマイザー

外観→カスタマイズでブログの見た目を設定できる機能です。
プレビューを確認しながらレイアウトが変更できるので非常に操作がしやすいです。

特筆すべきはサイトの見た目のサイズを変更できることです。

Diver カスタマイザー Diver カスタマイザー

 

これが非常に優秀で、この部分を変更しようと思うと無料テーマなどのほかのテーマでは外観→テーマの変更からテーマテンプレートを編集したり、function.phpを編集したり、初心者では絶対にいじれない部分ですが、多くの人がレイアウトを変更したいと思っていた部分でもあります。

Diverの制作者の心配りが嬉しいですね。

 

AMP

グーグルがSEO対策の一環として推奨している、AMP(Accelerated Mobile Pages)とはGoogleとTwitterで共同開発されている、モバイル端末でウェブページを高速表示するためのプロジェクト、またはそのためのフレームワーク(AMP HTML)のことです。

AMP HTML に準拠したウェブページを公開すると、Google のクローラーが AMP ページをキャッシュします。キャッシュされたコンテンツが検索クエリに関連が深いと判断された場合、検索結果にはキャッシュされたページの URL がリンクされます。

 

AMP導入のメリットは、検索流入が増えることです。
AMP対応によってモバイルページ(モバイルサイト)の読み込み速度が向上して、上位化すれば、その分検索から自サイトへ流入するユーザーを増やすことができます。

このAMPは通常は後付けでプラグインをインストールして個別に設定する必要がありますが、Diverの場合は最初から備えついていますので、簡単操作で投稿ごとに導入の設定ができます。

 

レスポンシブ

これも検索対策の一環でもありますが、UI向上には必須です。

最近のサイト構築のトレンドはモバイルファーストで、スマホやタブレットの普及で小さい画面のタッチパネルでブラウジングする人が増えていますので、それに合ったビューを作らないといけません。

なので、自身で設定する場合も多いですが、画面サイズごとにCSSを作るので非常に面倒くさいです。

 

しかし、Diverならどんな画面サイズでもレイアウトが崩れないように最初から設定してあるのでレスポンシブ化を気にする必要がありません。

この機能はブログサイト作成の上で重要な部分で、時間のかかる部分でもあります。
自分ですべてをレスポンシブ化しようと思うと、慣れていない人は時給換算するとDiverの購入価格を上回ると思います。

それだけ価値のある機能です!

 

入力補助

Diverの肝でもある入力補助機能。
web制作の長年の経験がボタン一つでレイアウトに組み込めるようになっています。

検索上位のサイトで良く見るアイコンでの吹き出し会話で、コンテンツの説明をするのも簡単に作れてしまいます。
全23種類の入力補助はブログ投稿画面の「入力補助」ボタンから使用できます。

Diver 入力補助

 

そして、動くマーカーなどの洗練された文字装飾はブログ投稿のテキストタブにすると一覧が出てきます。

Diver 入力補助

種類が多く、痒い所に手が届きブログ記事作成が楽しくなります。

 

CTA・アピールブロック

CTAについては他のテーマでも良く見るのであまり説明しませんが、アピールブロックは非常に面白いです。

ブログ投稿画面下部に設定項目があります。

Diver 使い方 アピールブロック

 

ここを設定するとブログ記事中の右サイドバーにアピールブロックで設定した告知スペースが作られます。
これは記事ごとに設定が可能なので、関連する商材の紹介やメルマガへの誘導などを作ると効果的です。

Diver アピールブロック 使い方

 

しかも、これはスクロール追随型のコンテンツなので、
記事を最後まで読み切った後まで表示されCTAとしても優秀です。

 

その他機能

LP(ランディングページ)
共通コンテンツ
カテゴリーページ
パスワード記事
テキストメインサイト

など、様々な機能がついており、ワードプレスの有料テーマの中でも抜群の高機能テーマです。

 

DIVERのオススメの機能

上で紹介したのは大きな項目の機能を紹介しましたが、その中の細かな機能で
ぜひ使ってほしいものを紹介します。

ランキング機能

カスタムフィールとテンプレートをDiverの制作者がうまく作って、
初心者でも使いやすくレイアウトしてくれたものがこちらの機能です。
入力の仕方は以下の通りです。

ランキング順位 ランキング順位を設定します。(0位にすると、ランクアイコンが非表示になります。)
評価 商材の評価を設定します。
商材タイトル 商材のタイトルを設定します。
商材小見出し 商材の小見出しを設定します。
説明文 商材の簡単な説明文を設定します。
説明文 商材の簡単な説明文を設定します。
商材画像 商材の画像を設定します。
備考 商材についての備考を設定します。
備考 商材についての備考を設定します。
詳細ページボタン 商材についての詳細ページへのボタンのリンク先とテキストを設定します。
購入ページボタン 商材についての購入ページへのボタンのリンク先とテキストを設定します。

これを入力するとこのように表示されます。

・表示スタイル左側
Diver 入力補助 ランキング 使い方
・表示スタイル右側
Diver 入力補助 ランキング 使い方

 

オススメの理由1

ランキング形式にすることで評価が非常にわかりやすくなり、
紹介したいものへの説得力が増します。

 

オススメの理由2

購入ページへの誘導や商品詳細ページへの誘導ボタンがついているので、高コンバージョン率を期待できます。こういうボタンのレイアウトは非常に大変なので自動で設置してくれるのはありがたいです。

ちなみに、こちらもボタンのリンク先URLを設定しないとボタンが表示されませんのでご注意ください。

 

オススメの理由3

商品タイトルを囲むタブは初期設定でDIVになっていますが、h2やh3等にもワンタッチで変更可能なので便利です。

見出しにすることで目次に表示出来たり、SEOへの影響も出ますので状況に合わせて使いわけができます。

以上の理由により、収益性の高いブログを目指すのであれば、ランキング機能は積極的に使ってほしいと思います。

 

DIVERのデメリット

ここまでDiverの良いところ、使うメリットなどを紹介してきましたが、
どんなにいいものでも多少はデメリットがあります。

そういったネガティブな部分は先に知っておいた方が購入の判断材料になります。

 

まず、直感的に操作でいる項目が多いので使いやすいですが、
ピックアップスライダーの設定が初見では分からない件。

上記でも説明しましたがファーストビュー設定だけではピックアップスライダーは表示できません。
カスタマイザーでのタグ指定とブログ記事でのタグ追加が必要であることは、分かりづらいかと思います。

 

これを知らずに購入してしまい、何だよ全然使いがって良くないじゃん、わかんないよ!
となる人が多いと思いますのでここは押さえておいてほしいポイントです。

あとは多機能と言えどSEO対策で必要と言われているものがついていない部分もあります。
google検索での上位表示になるためにはgoogleに良いサイトであることを認識してもらう必要があります。

 

ブログの構造を理解してもらうためにもサイトマップは必要なのですが、
サイトマップを作る機能が備え付けてないのでプラグインで補う必要があります。

それにはGoogle XML Sitemapsというプラグインがおすすめです。Googleがサイトをクロールするときはサイトマップを基にするので、Google XML Sitemapsというプラグインを入れておくことでGoogleにブログ構成を伝えやすくなります。

 

DIVERはこんな人に向いている

ブログの収益化を本気でやりたい人

今よりもアクセスを本気で伸ばしたい人

ブログ制作を本気で生業にしたい人

は本当におすすめです。

 

数ある人気の有料テーマでもサイトの構成が似てしまい、
ああこのサイトはこのテーマを使っているなというのが分かってしまいますが、
Diverはレイアウトの自由度が高くウィジェットの挿入部位やコンテンツが豊富なので
オリジナリティあふれるブログサイトが作れます。

上の機能一覧やお勧めの機能で紹介しませんでしたが、
実はこのテーマは有料ライセンス購入が必要ですが
クライアントのブログ作成請負も可能です。

 

ワードプレスを始めたいけど、作り方が分からない、
という人のために仕事としてブログ作成を請け負う場合にこのテーマを適応してもいいですよ
という制度をDiverは採用しています。

通常、有料テーマは個人の仕様に限り無制限であることが多いです、そして、他人への譲渡を禁止しています。

しかし、ライセンスを購入することで他人のブログを作成する際にDiverを使えるというのです。
こんな高品質のブログテーマでブログを作ったら、口コミであの人の作るブログは凄い!
と評判になって集客につながる可能性が高くなります。

なので、ブログ作成を生業にしている人には特におすすめしたいテーマなんです。

 

アフィリエイトをする方にも、自身の商材やメニューを宣伝するための
集客ブログとしても非常に優秀なのでブログで収入をアップさせたい方も是非入手して使ってみてください。

今まで苦労して時間をかけていたのは何だったのだろうかとびっくりすると思います。

逆に向かない人はこんな人
  • 設定項目が多いので覚えるのが面倒、分からないことを調べるのも億劫という人
  • 全くブログを触ったことが無い人
  • 企業サイトのようなコーポレートサイトを構築したい人

 

まとめ

今回、このテーマの評価値は

10 / 10点

★★★★★★★★★★

評価項目 結果
コンテンツは見やすいか?
プログラムの構成は軽量か?
ショートコードや、入力補助はあるか?
レスポンシブデザインか?
ランディングページ(LP)設定はできるか?
AMP対応か?
CTA・アピールブロック設定はできるか?
ファーストビューなどトップページを見やすくできるか?
テーマは使い回しが可能か?
著者的に人に勧めたいか?

 

大分長くブログを書いてしまいましたが、このテーマはそれだけ紹介したい魅力を備えている優秀なテーマなのです。

見た目の完成度の高さもさることながら、SEO対策も構成のでDiverの機能をフルに活かして
記事を多数作ったらブログサイトの検索順位はそのジャンルで相当高い維持をキープできると思います。

 

また、1記事当たりアクセス数も多くなると思いますので、
GoogleAdSenceの設定もしっかりしておけばさらに収益性が高まります。

 

さらにSNSのシェア対策もばっちりで、シェアしてもらったときに表示される
画像や文章などの設定のDiverオプションのOGF設定から簡単にできます。
twitterやfacebook、LINEやinstagramなどのいいねやシェアは検索順位に
微量ながらも影響がありますので重要な要素だと言えます。

SNSからの流入はCV率が高いことが多いので積極的に狙っていきたい部分ですよね。

 

こうしたブログを取り巻く様々な環境への対応が高品質でなされているテーマって2万円以下で買えることはまずないのですが、

Diverは何と税込み17980円なんです。

公式サイトでは値上げの可能性も示唆していますので、
購入するなら今のうちかもしれませんね。

 

サポート体制も充実していますので、買ってみたものの使い方が分からないという方でもやる気があれば無問題です。

お問い合わせをバンバン使い倒してください。
レスポンスも早いので、あっという間に問題解決してブログをすいすい作れるようになります。

 

2019年おすすめのワードプレステーマなので、この記事が参考になれば幸いです。

以上、もじゃさんでした!

ここからデモ画面を確認できます。

 

その他、収益化に最適なWordPress有料テーマのオススメを7つに厳選してお届けしています。

WordPressの有料テーマでブログを収益化!導入直後に入れたくなるおすすめ7選

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう