Emanon Businessの魅力を語り尽くす。WordPressの企業向けテーマはもうコレでいいじゃん

Emanon Business最強説
The following two tabs change content below.
ソルティー

塩畑 貴志(ソルティー)ともうします。

中学の頃、完全に記憶喪失になり、普通のレールに乗ることが夢に。しかし、社会人になってからADHDと分かり、組織にうまく染まれず、行き着いたのがフリーランスという道でした。

ブログで大事にしてることは『ブログ』を一つの作品として発信し、どんなに辛いことがあっても見本になれる生き方を見せることです。

その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください

どうも!ソルティーです。

 

WordPressで相談が多いことが

企業向けのページを作りたい!ってこと。

 

WordPressって単純にブログって感じじゃなくて、ビジネスとして活用していきたいって人が本当に多いんですよね。

でも、そういう人って、パソコンが苦手って人も多いんですよ。

 

やっとこさブログを書いているって状態で、テーマをカスタマイズして、画像を作成して、バナーや、ヘッダーを…なんてやっていたらいつまで経っても完成しない!!

 

もっと簡単に!でも、オシャレに!!

そんな都合の良いテーマはないの!?

 

それがEmanonってテーマ。


WordPressの企業向けページならコレ一つでもうOK!って言い切れてしまうほどオススメのテーマです。

今回はEmanonの魅力を余すところなく、全部説明しますね!

 

スポンサーリンク

Emanonってどんなテーマ?

Emanon WordPress テーマ:Web集客に特化したWordPress有料テーマ

では、Emanonについて説明しますね。

Emanonは実はFree、Pro、Businessの3タイプのテーマあります。

その前にテーマが分からない人

テーマっていうのは人間でいうところの洋服みたいなもの。外見が変わったら一瞬で雰囲気が変わりますよね?WordPressも同じようにテーマを切り替えることで持っている機能と、雰囲気を一瞬でガラッと変えることができます。

 

Emanon Free

Emanon WordPress テーマ:Emanon Free

Emanon Freeは名前が示す通り無料で利用できます。

ただ、売り込みの基本とされるウリのファーストビューが1種類だけで、その他の機能もことごとくカットされています。

 

Freeは特筆すべき点がほとんどないので、本当にお試し版って感じです。どうしても使うならカスタマイズが必須になるかなって印象です。

Emanon Freeを使うくらいなら他の無料テーマを使ったほうが良いでしょう。

無料テーマをお探しならこちら

ブログ初心者向けWordPressおすすめのテーマまとめ
無料の中でもオススメのテーマを紹介しています。ただビジネスを考えてWordPressを使うなら有料テーマが良いでしょう。

 

Emanon Pro

Emanon WordPress テーマ:Emanon Pro

Emanon ProはEmanonがウリとしている売れる仕組みを盛り込んだテーマ。

「このサイトすげぇ!」って思ってもらうためにはファーストビュー(第一印象)が大事と言われています。

 

そのファーストビューを6種類の中から選べるってのがまず大きな魅力。

Emanon テーマ:ファーストビュー一覧

 

全部魅力的なデザインなのも良いですね〜。

有料テーマと言えども、ファーストビューって基本1個なんですよ。

だから、比較して選ぶってことができないんですね。

 

Emanon Proはそこができるのが良いですね。

他にもCTAとか、ブログ記事を読んだあとのアクションを起こせる機能が充実しています。

CTAって?

Call To Actionの略で、行動喚起のことです。
読んでもらって「あぁ、良かった〜」で終わってしまっては読んでもらって終わりになってしまいます。そこで、良かった状態のまま、「もっと情報得られる方法あるけど、どうします?」って呼びかけるんですね。

ブログの場合、基本的に記事下に設置するのが良いって言われてます。

 

ただ、Emanon Proではまだブログの域を脱することができません。

っていうか、Emanon Proも悪くないんですが、ブログとして活用するんだったらストークのほうがギリギリ上かなって感じます。

 

Emanon Business

Emanon WordPress テーマ:Emanon Business

Emanon BusinessはEmanon Proの子テーマとなっています。

子テーマって?

実はWordPressのテーマは新しい更新をすると、設定が全部書き変わってしまい、最初から設定しなければならなくなります。

子テーマを用意すると、変更した設定を引き継いだままテーマの更新を行えるようになるので、WordPressの運営がラクになります。

子テーマ自体に機能を設けている場合もあり、Emanon Businessはそのタイプです。

 

つまりEmanon Businessを買えば、

  • Emanon Pro(親テーマ)
  • Emanon Business(子テーマ)

この2つが手に入ります。

 

もちろん、この3つの中でオススメしたいのはこのEmanon Business

Emanon BusinessになるとEmanon Proの時と段違いの性能になっていて、フロントページ(サイトのトップページ)の機能が格段に強化されます。

私のサイトでも使っているのですが、商品の特徴や、商品の価値を100%伝えきることを徹底的にしているな〜という印象です。

 

このページは一切HTMLのカスタマイズを行っていないんですが、魅力的な状態になっていると思いませんか?

ページ構成も人の購買心理の流れに合わせて作られているので、よほどこだわりがなければ流れに沿って作っていけばOK。

 

つまり、誰でも購買欲求を刺激するページが作れるって、めちゃくちゃすごいんですよね。

 

そして、子テーマってことはEmanon Proの機能はそのまま使えます。

ブログ × ホームページって立派なウェブサイトの完成ということと同じです。

 

Emanon Businessって何が良いの?

パソコンが苦手な人でも売れる仕組みを形にできる

Emanon WordPress テーマ:パソコン苦手女子でも思いのままに作れる!

Emanonは『売れる仕組み』がそのまま当てはまったビジネス向けのテンプレートです。

実はWordPressを持ったからと言って、売れるようになるワケではありません

 

ページを見ただけで感動して「うわっ、この人に頼みたいな!」って一瞬で思わせてくれるようなページって、

実はデザインの力が大きいんです。

 

でも、このデザインの力って、ブログを書く能力とはちょっと違っていて、人の心理を読み解いていくことが必要です。

 

そのためには売れる仕組みを研究して、自分でデザインする能力が必要です。

つまり、パソコンが苦手な人って「私には無理!!」って、そこでストップしちゃうんですね。

 

そんな想いを形にできるのがEmanon Businessの特徴。

HTMLとか全く必要ありません。

テーマのカスタマイズ画面の項目を設定していくだけ。楽勝です。

 

ウェブサイトの訪問客を見込み客にする力が優れている

Emanon WordPress テーマ:ウェブからガンガン集客している女性

商品を売るためにはまず何をすることが重要か知っていますか?

業界用語では『リスト』って呼ばれるんですけど、見込み客を集めることが重要と呼ばれています。

見込み客って何よ?

見込み客っていうのはつまりあなたのファンのこと。

もっと情報が欲しいよ!できれば詳しい商品の内容が欲しいよ!セミナーに行きたいよ!会ってみたいよ!などなど、あなたからの情報を望んでいるっていう人達のことです。

 

通常、ブログを書いてじっくりいろんな記事を読んで(回遊して)もらって、「もっと知りたいな」って思ってもらうようにするのです。

 

しかし、Emanon Businessはフロントページ(サイトのトップページ)、ランディングページ(売り込みのためのページ)や、CTAを興味ある層を段階分けして表示するなど、『収益化』にとことんこだわっています。

そのため、ファンになるタイミングが他のブログよりも多く、しかもいやらしくなく自然に出てくれるので、本当に良いテーマだなと感じます。

 

Emanon Businessのオススメポイント

実際にEmanon Businessを使いこなしている私だからこそできるオススメしたいポイントをお教えしますね。

 

フロントページが魅力的にかつ、簡単にできる

Emanon WordPress テーマ:フロントページ編集

さっきから言っている通りなんですが、フロントページをパソコンが苦手な人、そしてマーティングの経験がない人でも、

魅力的にかつ、簡単につくれるってのが大きな魅力です。

 

さらに機能はすべてON・OFFが可能。

Emanon WordPress テーマ:セレクションごとに表示・非表示ができる

使いたいな〜って機能だけを選んで表示することが可能です。

 

横幅いっぱいのパララックス効果を表現することって非常に難しいので、

これを実現できるテーマを待ってました!!って感じでワクワクしましたね。

パララックス効果って?

視差効果のことを専門用語でパララックスって言います。スクロールに合わせて画像が動いているような感覚を持ち、なんとなくオシャレでカッコいいページになります。

この効果によって、次へ次へとスクロールしたくなるという効果があり、次の情報への到達がスムーズになります。

 

ランディングページも魅力的にかつ、簡単にできる

Emanon WordPress テーマ:ランディングページの編集ページ

ランディングページって商品の売り込みを行うページがあるのですが、こちらも高機能。

 

STORKにもランディングページ機能がありますが、デザインは自分で行わなければならないんです。

そうなると、センスがある人じゃないとうまく作れません。

マーケティングが分からない人は何をどこに配置すれば良いかなんて分かっているハズないんですね。

 

Emanon Businessは、とにかく上から順に設定をしていくだけで魅力的なランディングページが完成します。

 

実際、ランディングページ作成はそれだけでビジネスになってしまうんですよ。

 

普通に依頼すると、ランディングページ作成って安くても20万円くらいします

たった1ページですよ?

 

自分で作る必要はありますが、Emanon Businessなんて1万ちょっとなんで、それ考えたらかなり安い買い物ですよね。

 

訪問客の興味段階によって、CTAを分けることができる

Emanon WordPress テーマ:CTA設定を段階ごとに分ける

CTAを興味段階によって表示を振り分けるって、普通は簡単にできないハズなんです。

分かりやすく言うと「あなた、結構いろんなページ見てこのページ見てますよね?だから今度はこっちを紹介してみようと思うんですが、いかがですか?」ってオススメできる。

これってめちゃくちゃすごくないですか?

 

他のテーマだと一個だけCTAを用意して、それを全部の訪問客に表示していくって感じなんですよ。

もしくは自分でカスタマイズをしてCTAを分けていくって感じなので、相当のベテランユーザーじゃないと無理なんですよね。

Emanon WordPress テーマ:STORKでのCTA設定

STORKのCTAはこんな感じで設定します。

 

Emanon Businessだと

  • 共通(下記の4つを設定しない場合、または当てはまらない場合に表示する)
  • 潜在客(悩みや欲求に自覚がない人。シーズとも言います)
  • そのうち客(悩んでいるけど、まぁ、後でいいやって思っている人。ニーズとも言います)
  • 比較客(商品購入の判断基準が分からない人)
  • 見込み客(商品の必要性と購入欲求は理解済み。あと一押しで顧客になる人)

この客の属性を分けたCTAをページごとに設定できます。

 

ちなみにTwitterや、Facebook、シェアボタンはこんな感じで表示できます。

Emanon WordPress テーマ:この記事が気に入ったらいいね!しよう

 

ポップアップを表示できる

Emanon WordPress テーマ:ポップアップを表示するとこんな感じ。

画面下に行くと自動的にぴょこっと出てきます。

ポップアップって見たことありますか?

さきほどのCTAと同じなんですが、右下にピョコっと出てきてくれるポップアップって機能は、ほとんどのテーマに存在していないんです。

 

さらに、このポップアップは以下の5つで表示するように設定可能です。

  • フロントページ
  • 投稿ページ
  • 固定ページ
  • アーカイブページ
  • モバイル(スマートフォン)
Emanon WordPress テーマ:ポップアップの表示

こんな風に細かにポップアップ設定ができるテーマは他にないなって感じます。

 

Googleが適切に評価してくれるようなコード設計が施されている

有料テーマの魅力って、テーマ自体がGoogleからの評価が高いように設計されていること。

今やスマートフォンで最適表示されるレスポンシブデザインって無料テーマでも当たり前

有料テーマではそれ以上のレベルになっています。

 

低品質ページは自動で評価対象にしない

Google評価って、サイト全体を見ていて実は低品質なページがあると評価が下がっちゃいます。

低品質ページって例えば?

投稿表示数の少ないページ(アーカイブや、タグ)や、問い合わせページなどショートコードのみの固定ページが該当します。

Emanon Businessでは

アーカイブページ(月別アーカイブ)、タグページ、検索結果ページなど内容の薄いページについては、noindexによる処理を自動で行います。

どうやっても内容が薄くなってしまうページに関しては自動的にnoindexにしてくれる機能が付いています。

 

Page Speed Insightsでハイスコア

ページ表示速度って今、Googleが最も重視し始めている指標の一つ。

何しろページの読み込みに3秒以上かかるページは40%の人が、8秒以上かかるページはほぼ全ての人が離脱してしまうという結果さえあります。

 

Emanon Businessでは一体どのような点数かというと

Googleが提供するツール「Page Speed Insights」を使うことで、Webサイトのページ表示に関するパフォーマンスが測定できます。

PageSpeedのスコアが大きいほど良好で、85 以上のスコアはそのページのパフォーマンスが高いことを示します。

Emanon WordPress テーマ:ページテストは85点以上。

ページ表示のパフォーマンスチェック
Emanon Proは、ページ表示のパフォーマンスを上げるために「ページ表示速度設定」が実装されています。「ページ表示速度設定」では、CSSの圧縮、HTMLの圧縮、Jqueryのフッター移動の設定が可能です。

99点や、100点のようなものすごい高いという感じではないですが、この機能でここまでの最適化がされていれば十分過ぎるくらいでしょう。

 

HTMLや、CSS圧縮設定もあるので、(サイト構成を圧縮してくれる)AutOptimizeプラグインは要らないです。ってかむしろ競合を起こして表示が変になるので、有効化しないようにしましょう。

AutOptimizeが知りたい方はこちらをどうぞ

AutOptimizeで表示を高速化
⇒設定しておくとどんなテーマを使っていても表示速度を改善できますよ。たまに競合起こして表示が変になるのでそこだけ注意!

プラグインや、設定した画像によっても評価は大きく変化するので、自分でも気をつければ十分なページ表示速度になりますね。

 

プラグイン購入でAMPに対応

今、AMPって言葉が注目されています。

別売りのプラグインですが、Emanon専用のAMPが販売されています。

 

AMPを設定すると見た目が質素になり嫌煙している方も多いですが、表示速度は劇的に早くなります。

Emanon BusinessのAMPプラグインは有料なだけあって、通常の見た目にかなり近い上にAdSense広告設定や、関連記事でさえも再現可能です。

WordPressプラグインAMPの処理を継承
Googleアナリティクス対応
Googleタグマネージャー対応
Google Adsense AMP 広告ユニット対応
配色機能対応
SNSシェアボタン表示
SNSフォローボタン表示
CTA表示
投稿者プロフィール表示
前の記事 次の記事表示
関連記事表示
カスタムCSS設定の反映

こりゃすげぇ!

 

一度購入すれば使いまわしてOK

Emanon WordPress テーマ:やりたいを実現するコンテンツ!

他のサイトにも使ってOK!

これが一番ビックリなんですが、普通はテーマって1サイトに付き1テーマなんです。

ところが、Emanonって一度購入すれば、自分が所有しているサイトであれば使いまわしてOKというのがまた太っ腹。

 

サブドメインや、サブディレクトリで複数のページを持っていたり、いろんなドメインでサイト運営している方はすごく便利ですね。

私もたくさんサイトを運営しているんですが、ここに魅力を感じてついつい買っちゃいました。

 

さきほど紹介したAMP拡張プラグインも一度買えば複数サイトで設定可能です。

 

デメリットってあるの?

不便を感じるところはあんまりないんですが、一応気になってる点だけ。

 

ちょっとブログの幅が狭い

慣れてないだけかもしれませんが、やっぱりブログの魅せ方はSTORKのほうが上かなって印象です。

なんかね、狭いんですよ!!

Emanon WordPress テーマ:この余白が気になる

なんでこんなに余白あるんでしょう(笑)

でも、文字自体は見やすいので、ブログとして活用するのも十分かなって思います。

 

専用のショートコードがない

Emanon Businessでは、専用のショートコードが用意されていません。

なので、STORKのようにワンポイント!って感じのブログはテーマの力だけだと作りにくいかなって感じます。

 

それには理由があって、テーマに依存しすぎないような配慮らしいです。

まぁ、確かにテーマ依存だとテーマと一蓮托生となるので、万が一テーマ乗り換えするとなると相当大変になりますからね…。

 

ランディングページは一個しか作れない

これはしょうがないかなって感じですけど、ランディングページは一個だけです。

何個も作れたら全ての商品をランディングページ化したくなっちゃいますが、カスタマイザーで設定している分、しょうがないですね。

 

一番売り込みたいと思っている商品に絞ってランディングページ化するようにしましょう!

 

まとめ:企業向けテーマはとりあえずコレ

さて、Emanon Businessの魅力をとにかく語り尽くした感がありますが、どうだったでしょうか?

このテーマを使ってから世界が変わった感があります。

たぶん、私にビジネス向けのページを作りたいって相談しにきた人はまず、このテーマを紹介すると思うので覚悟してください(笑)。

 

企業向けページをWordPressで作ろうと思っている方、Emanon Businessはホントに簡単なんでオススメですよ!

ウェブサイトが爆速でできあがるのでぜひ試してみてください!










▼SNSでみんなに教えるとちょっぴり世界が幸せになります▼



ペルソナ作成ワークシート

\ 自分らしくビジネスを上昇させるワークシート 無料配布中 /
ビジネスモデル構築シート

「誰のために」「何のために」「なぜ?」この3つを明確にするワークシートを無料で配布中です。もちろん、ブログ構築にも使えるように工夫してあります。






初心者向けWordPressの作り方マニュアル

\ WordPressが分からない初心者の方、コチラですよー! /
WordPressの作り方マニュアル

コンセプトは『誰でも迷わずに成果が出るブログを』。初心者でも迷わずにWordPressを作れるマニュアルを用意しました。読み進めるだけでWordPressを使った、SEO対策が済んだブログができあがります。




ABOUTこの記事をかいた人

ソルティー

塩畑 貴志(ソルティー)ともうします。

中学の頃、完全に記憶喪失になり、普通のレールに乗ることが夢に。しかし、社会人になってからADHDと分かり、組織にうまく染まれず、行き着いたのがフリーランスという道でした。

ブログで大事にしてることは『ブログ』を一つの作品として発信し、どんなに辛いことがあっても見本になれる生き方を見せることです。

その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください