The following two tabs change content below.
ソルティー

塩畑 貴志(ソルティー)ともうします。

中学の頃、完全に記憶喪失になり、普通のレールに乗ることが夢に。しかし、社会人になってからADHDと分かり、組織にうまく染まれず、行き着いたのがフリーランスという道でした。

ブログで大事にしてることは『ブログ』を一つの作品として発信し、どんなに辛いことがあっても見本になれる生き方を見せることです。

どうも、ソルティーです。

もしかしたら、ここに辿り着いた方はWordPressにログインしたいのに、なぜかログインできないという現象に悩んでいる方かなと思います。

 

WordPressにログインできない原因は2つのパターンがあります。

 
  • ユーザー名、パスワードを忘れた
  • なぜかログインページが表示されない

忘れたくらいだったら対処は難しくないんですが、ログインページが表示されないというのはいろんな要因があります。

今回はWordPressにログインできない場合の対処法をまとめてご紹介します!

【単純にログインページが見つからないという方はこちらをお読みください】

 

WordPressのログインユーザー名やパスワードを忘れてしまった場合

パスワードを忘れてしまった場合、ログイン画面の下部にある「パスワードをお忘れですか?」というリンクをクリックします。

WordPressにログインできない:パスワードをお忘れですか?

 

ユーザー名か、メールアドレスを入力し、[新しいパスワードを取得]ボタンをクリックしましょう。

 画面ではプラグインによる文字認識がありますが、通常はありません。

WordPressにログインできない:新しいパスワードを取得

 

すると、設定したメールアドレス宛にパスワード再設定のためのメールが届きます。

メール下部のパスワードリセットのURLをクリックします。

WordPressにログインできない:パスワードのリセット

 

新しいパスワードを入力して、[パスワードをリセット]を押しましょう。

 WordPressはセキュリティが弱いので、なるべく英字と数字を絡ませた12文字以上の強力なパスワードにしましょう。

WordPressにログインできない:パスワードのリセット

 

「パスワードをリセットしました」という画面が出れば、新パスワードでログインできるハズです。

WordPressにログインできない:パスワードをリセットしました。

 

Not Foundが表示される場合

WordPressのログイン画面に入ろうとすると、なぜか『Not Found』というページが表示されてしまった場合、解決法が多岐に渡り、なかなか難しいです。

この場合、下記の原因が考えられます。原因と対処方法を書き出しましたのでぜひ試してみてください

wp-adminではなく、wp-login.phpにアクセスしてみます
もし、http://お使いのドメイン/wp-admin/にアクセスされて居る場合は、http://お使いのドメイン/wp-login.phpにアクセスしてみましょう

wp-login.phpがそもそもない
この場合は、もう一度ワードプレスのwp-login.php,wp-adminフォルダをFTPソフトウェアでアップロードし直します

htaccessの設定がおかしい
htaccessの設定が不正でwp-login.phpにアクセスできない可能性もあります。この場合、いったんhtaccessをリネームしてログイン画面にアクセスしてみましょう

wp-login.phpのパーミッションが不正
wp-login.phpとwp-adminフォルダのパーミッションがアクセスできないパーミッションになっていませんか?双方のパーミッションを555にすべてしてアクセスしてみましょう

出典:WordPress ワードプレス ログインできない 404 Not Foundと表示される

原因として多いのは

 
  • 単純にURLを間違えている
  • WordPressアドレスとサイトアドレスに相違がある

この原因が多いでしょう。

 

最近ではあまりないのですが、昔は自動インストールをした際にサブディレクトリ構成(http://◯◯◯.com/wpのような形)でインストールされてしまうケースが多かったので、これらが原因となっている場合があります。

 

単純にURLを間違っている場合

URLのパス自体が間違っているなら、単純にサブディレクトリ名を含めたURLでログイン画面にアクセスしましょう。

このどちらかでアクセスすればOKです。

 

WordPressアドレスとサイトアドレスに相違がある場合

WordPressアドレスとサイトアドレスに相違があるというのはどういう状況かというと、『WordPressをサブディレクトリにインストールしているけど、見た目のアドレスはドメイン直下にしている』という形です。

少し理解しづらいですね。

 

もっと具体的に言うと、サブディレクトリにWordPressファイルを配置(例えばhttp://◯◯◯.com/wpに)しているのにもかかわらず、『WordPressアドレス』と『サイトアドレス』をどちらもhttp://◯◯◯.comにしてしまっているのが原因です。

ちなみに初心者の方が何も知らずに設定からWordPressアドレスとサイトアドレスを変更してしまった場合もよく起こります。設定は迂闊に変更せず、理解してから変更するのがWordPressです。

 ドメイン直下にインストールしているなど、通常はこれで問題ないのですが、サブディレクトリ構成の場合は指定が間違っているので問題があるのです。

WordPressにログインできない:WordPressアドレスとサイトアドレス

 

サブディレクトリ構成でログインページにアクセスでき、URLの見た目をドメイン直下にしたい場合は

WordPressアドレス http://◯◯◯.com/wp
サイトアドレス http://◯◯◯.com

このようにする必要があります。

 

しかし、ログインができないため、設定変更ができません。そのため無理矢理ログイン画面に入る必要があります。

そこで使うのがwp-config.phpです。

 

FTPソフトでログインし、『ドメイン名』→『Public_html』と移動し、『wp-config.php』をダウンロードします。

 FTPの使い方が分からない方へ

それぞれのサーバーによって入り方が異なるので、ここでは省略させていただいてます。使い方は『レンタルサーバー名 FTP』と検索すれば使い方が出てくるでしょう。

WordPressにログインできない:wp-config.php

 

任意のテキストエディタWindowsはバグるのでメモ帳以外で開きましょうでwp-config.phpを開きます。

 Windowsの場合は、サクラエディタ、Macはmiが良いかと思います。

 

そして、wp-config.phpに下記のコードを39行目に追加しましょう。

 レンタルサーバーによって違うかもしれませんので、画像を参考にしてください。

 

追加するコード

WordPressにログインできない:認証ユニークキーの上あたりに追加

 

wp-config.phpを上書き保存して、サーバーの元の位置にアップロードします。上書きかどうか聞かれると思うので、上書きしてください。

WordPressにログインできない:レンタルサーバーにアップロードする

 

そして、再度ログイン画面にアクセスすると、無事に画面が表示されます。(質素な画面が出てきたとしても気にしないでください)

WordPressにログインできない:質素なログイン画面

 

[ダッシュボード]→[設定]→[一般]からWordPressアドレスとサイトアドレスを書き換えます。

WordPressにログインできない:サブディレクトリ構成のURL

 

サイトが正常に表示されたら、さきほどwp-config.phpに設定した一行は削除して、アップロードし直しておいてください。

 

プラグインの影響でログインできない場合

WordPressの利点の一つプラグイン…ですが、このプラグインが影響してログイン画面が表示されない場合があります。

原因となっているプラグインを探すには、とりあえずプラグインを無効にして…と思っていても、ダッシュボードにログインできないので、なんとその方法は使えないのです!

 

そこで、FTPソフトからプラグインを包括しているフォルダにアクセスし、名前を変更して、すべてのプラグインを強制的に停止する方法を使います。

 再度。FTPの使い方が分からない方へ

それぞれのサーバーによって入り方が異なるので、ここでは省略させていただいてます。使い方は『レンタルサーバー名 FTP』と検索すれば使い方が出てくるので調べてみてください。

FTPにアクセスし、[ドメイン名]→[Public_html]→[wp-content]の中にある[plugins]というフォルダの名前を変えましょう

WordPressにログインできない:名前の変更

 

これでログイン画面が表示されたらプラグインが原因です。

問題が解決したら、必ずプラグインのフォルダ名を元に戻し、使っているプラグインを有効化しておきましょう。

 

Cookieによってログインできない場合

Cookieという機能によってWordPressにログインできない状況があります。

僕の場合は、作りたてのWordPressでユーザー名・パスワード名が合っているのにも関わらずGoogleChromeでログインできないことがありました。

そこでのエラーメッセージは

 

「お使いのブラウザは Cookie をブロックしているか、Cookieに対応していません。WordPressを使うにはCookieを有効にする必要があります。」

こんな感じです。(エラーが出ずに単純にログインできないケースもあります。)

 

こんな場合はCookieが無効だったり、古いCookieのままだったりすることが原因です。

クッキーとはサーバーから送られてくる会員証のようなもので、次にそのページにアクセスするときにサーバーに「私はこの会員IDですよ」と見せる。それにより、一人ひとりに違う内容のページを表示させたり、前訪れたときの続きとして訪問者に対応したりできる。

出典:クッキー(cookie)とは?初心者でも分かるように図解

こんな場合には、一度ブラウザのCookieを削除し、完全にリセットすれば解決します。

 削除するCookieは、ログインしたいWordPressのドメインのみでOKです。

     

    キャッシュによってログインできない場合

    WordPressのログイン画面が表示されない理由に、キャッシュも原因になるようです。

    Cookieの場合は入力の手間を省くために使用されるものですが、キャッシュは画像や、ページ自体を保存しておいて、次回の読み込み速度を早くする仕組みのことです。

     

    しかし、パスワードを変更したり、画像を変更した時、(以前のデータの)キャッシュが利用されてしまい、うまく反映されずログイン失敗するケースがあります。

    この場合はキャッシュの削除により対応することができます。

     

       

      まとめ:WordPressにログインできないのは必ず原因がある

      いろいろな方法があって、しかもそのどれもが難しかったかと思います。

      ただ、レンタルサーバーが用意してくれた自動インストールなどで意識しないかもしれませんが、WordPressも立派なウェブサイトです。

      このように煩わしいところを完全にすっ飛ばして設定できるのがWordPressの良いところ。

       

      ログインできない時にこの『煩わしさ』に直面するんですね。

      ただ、絶対に原因はあります。

      その原因を突き詰めて、ひとつずつ解決していけば必ず直ります。

       

      まずは焦らずに、そして慎重に、丁寧に作業をやってみましょう。

      他にもWordPressの使い方を学びたい場合はこちらのマニュアルをご覧ください。

      スポンサーリンク

      この記事が気に入ったら
      フォローしよう

      最新情報をお届けします

      Twitterでフォローしよう

      おすすめの記事