The following two tabs change content below.
ソルティー

塩畑 貴志(ソルティー)ともうします。

中学の頃、完全に記憶喪失になり、普通のレールに乗ることが夢に。しかし、社会人になってからADHDと分かり、組織にうまく染まれず、行き着いたのがフリーランスという道でした。

ブログで大事にしてることは『ブログ』を一つの作品として発信し、どんなに辛いことがあっても見本になれる生き方を見せることです。

どーもー!ソルティーです!

さて、今回はWordPress初心者向けにナビゲーションメニューの設定方法についてまとめていきます。

 

ナビゲーションメニュー(以下、メニューで省略します)ってのはこのブログ画面上部にある赤線のことですね。

WordPress ナビゲーションメニュー:ブログのヘッダーにくっついているメニュー

 

このメニューがしっかり作られていると、見に来てくれたお客さんが迷うことなくコンテンツ(記事)を見つけられるようになりますし、「どんな内容が書かれているブログなんだろう?」という疑問にもメニューから内容をある程度伝えられます。

 

また、このメニューを見るのは実は人間だけじゃなくて、検索エンジンのロボット(クローラー)もこのメニューを利用して巡回してくれるので、SEO対策にもつながっているんですね。

 

では、このメニューの基本的な操作をしっかり学んでお客さんに巡回してもらうようにしましょう!

WordPressのナビゲーションメニューについて

さきほども説明しましたが、ナビゲーションメニューっていうのは、このようなブログ画面上部のヘッダーにくっついているメニューのこと。

簡単に言うとブログの道案内板のことです。

WordPress ナビゲーションメニュー:ブログ画面上部にあるヘッダーにくっついているメニュー

 

アメブロなどではわざわざお金をかけて業者に頼み、カスタマイズしてナビゲーションメニューを作ったりしているようですが、

WordPressでは

自分で簡単に!

思い通りに!!

無料で!!!

設定できます。

 

メニュー表示はWordPressのテーマによって変わる

ただ、ナビゲーションメニューの見え方は適用しているWordPressのテーマによって変わります。

このように階層構造がないものや…

WordPressナビゲーションメニュー:階層構造なしのメニュー

 

階層構造を持たせて、いろいろなページにアクセスしやすくもできます。

WordPressナビゲーションメニュー:階層構造ありのメニュー

 

メニューはヘッダーとフッターと2種類ある

ナビゲーションメニューにはヘッダーメニュー(グローバルメニューとも言います)と、フッターメニューの2種類があります。

これがヘッダーメニューで…。

WordPress ナビゲーションメニュー:ブログ画面上部にあるヘッダーにくっついているメニュー

 

これがフッターメニューです。

WordPressナビゲーションメニュー:画面下部にあるフッターメニュー

 

ヘッダーメニューの特徴
  • いろんな人がアクセスする可能性がある
  • パッと見どんな情報があるのか分かる
  • ヘッダーメニューを基点に巡回してくれやすい

 

ヘッダーメニューには重要なサービスや、アクセス。プロフィール(企業概要)や、カテゴリページとリンクするのが一般的です。

 

フッダーメニューの特徴
  • あまり見に行かないメニュー
  • 他の人が見るわけではないが、載せておくべきな情報をリンクする

    フッダーはあまり人が見に来ませんが、利用規約や、特定商取引、プライバシーポリシーなど掲載しなければならないページをリンクするのが一般的です。

    他にはサイトマップや、お問い合わせもフッダーメニューに組み込まれていることが多いです。

     

    ナビゲーションメニューの設定方法

    続いて、ナビゲーションメニューの設定方法をお教えします!

    [WordPressのダッシュボード] → [外観] → [メニュー]から設定画面に行けます。

    WordPress ナビゲーションメニュー:外観からメニューを選択しよう

     

    メニューを追加する方法

    まだメニューを作ったことがない方は、まず「メニュー名」に名前をつけて、[メニューを作成]を選択しましょう。

    WordPressナビゲーションメニュー:メニュー名を決めてメニューを作成しよう

     メニューは何個も作れるの?

    メニューはヘッダーで1個、フッターで1個…のようにそれぞれ作っていきます。

    すでに何個か作っている場合は編集したいメニューを選択してから、変更していくようにしましょう。

    WordPressナビゲーションメニュー:編集メニューの選択

     

    メニューを作ると主に3つの機能で分かれています。

    WordPressナビゲーションメニュー:メニュー構造、メニュー設定、コンテンツ

    [box class="glay_box"]

    メニュー構造

    ここが一番大事なメニューの中身です。ここにコンテンツを追加していくと、自動的にリンクが貼られ、自動的にテーマで決められたレイアウトを作成してくれます。

     

    コンテンツ

    基本的には固定ページ、投稿、カスタムリンク、カテゴリから選んで作成できます。
    ※プラグインを追加するとこの3つ以外にも増えることもあります。

     

    固定ページや、投稿は自分のサイト内で作成した記事。

    カスタムリンクはURLを指定し、外部のサイトへリンク。

    カテゴリは投稿で作成したカテゴリ記事一覧へのリンクです。

     

    基本的にコンテンツを作成した時点で自動的にコンテンツの中に入って、選択できるようになります。

    WordPressナビゲーションメニュー:コンテンツ一覧

     固定ページはすべて表示を選ぼう

    ちなみに固定ページのところは[最近]、[すべて表示]、[検索]の3つのタブがあるので、[すべて表示]を選択しましょう。

    すべて表示を選択しないと固定ページが全部出てこないので注意!

     

    メニュー設定

    主にどこに表示するかを設定します。

    [固定ページを自動追加]にチェックを入れると、固定ページを入れた時にメニューの中に固定ページへのリンクを自動的に作成してくれます…が、基本はOFFでOKです。

     

    メニューの位置は適用しているWordPressテーマによって変わります。(この画面で使用しているテーマはEmanon Businessです)

    ただ、ヘッダーメニューや、フッターメニューは一般的にあるので、それぞれで分けて2つ作成すればOKでしょう。

    [/box]

     

    メニューにコンテンツを追加する方法

    メニュー内にコンテンツを追加するには、[メニューに入れたいコンテンツにチェック] → [メニューに追加]でOK!

    するとメニュー構造の中にコンテンツが追加され、自動的にテキストリンク付きのメニューが作成されます。

    WordPressナビゲーションメニュー:コンテンツ追加

    固定ページではなく、他のコンテンツを追加する場合はコンテンツ名の右側の「▼」を押して、詳細を開いてから、固定ページと同様にチェックを入れます。

     

    メニュー構造の並び替えをする

    メニュー内容は好きな順番に並び替えることができます。

    やり方は簡単で、メニュー構造に追加したコンテンツをドラッグ&ドロップで移動させるだけです。

    WordPressナビゲーションメニュー:メニューコンテンツの順番を入れ替える

     ドロップダウンメニューを作成するには?

    このようにメニューにカーソルを合わせると表示されるメニューのことをドロップダウンメニューと言います。

    WordPressナビゲーションメニュー:ドロップダウンメニューを作成する

    これも実はメニューコンテンツの並び替えで実現できます。

    やり方は並び替えの時、少し右側にズラすことで子コンテンツとして設定できます。

    WordPressナビゲーションメニュー:右側にズラすとドロップダウンメニューになる

    ただ、ドロップダウンメニューが実現できないテーマがあることと、ドロップダウンメニューはより複雑なリンク構造になるので、Googleのクローラーがうまく巡回できないことがあるので注意して使ってください。

     

    メニューコンテンツ自体の設定をする場合

    メニューコンテンツは追加するだけでなく、いろいろな設定もできます。

    まずは画面右上の[表示オプション]を押しましょう。

    WordPressナビゲーションメニュー:表示オプション

     

    さまざまな項目があるので、使いたいコンテンツにチェックを入れておけば表示されるようになります。

    WordPressナビゲーションメニュー:表示オプションの詳細

     どれを使うべきか分からないんだけど?

    基本的に最初の状態で十分使えるので、分からないものはチェックを入れなくてもOKです。ただし、ストークのような有料テーマの中には、リンクの下に説明文を追加できるテーマもあります。

    WordPressナビゲーションメニュー:説明が表示できるメニュー構造

    その場合は[説明]にチェックを入れて使えるようにしておきましょう。

     

    コンテンツの詳細はコンテンツ名の右側の「▼」を押して表示します。

     

    よく使うのはナビゲーションラベル。

    これはメニューの時だけ名前を変更できるので、非常に便利です。

    WordPressナビゲーションメニュー:ナビゲーションラベルを変更する

     ナビゲーションラベルの使用例

    固定ページ名は[トップページ]のものを、メニューの表示名だけ[ホーム]に切り替える

    固定ページは[サイトマップ]のものを、メニューの表示名だけ[ブログの全記事一覧]に切り替えるみたいな使い方をします。

     

    メニュー位置の管理

    テーマによってメニューの数は異なってくるので、初心者だとパッと見どのように設定すれば良いか迷ったりしますが、[位置の管理]というタブから一覧から設定をする方法もあります。

    WordPressナビゲーションメニュー:位置の管理で一目瞭然!

    指定されたメニューの欄に何も設定されていないって時は、メニューがうまく設定されていない状態なので、必ず何かしらは設定するようにしておきましょう。

     

    ナビゲーションメニューの削除について

    メニュー自体の削除

    メニュー自体の削除は中々しないかもしれませんが、こちらも簡単に削除できます。

    [削除したいメニューを選択] → [メニューの削除] → 削除しますか?の問いに[OK]をするだけ。

    WordPressナビゲーションメニュー:メニュー自体の削除

    これでキレイさっぱり消去されます。

     

    コンテンツリンクの削除

    ナビゲーションメニューに追加したコンテンツを削除したい場合、削除したいコンテンツリンクを選択し、右側の「▼」をクリックしましょう。

    詳細が開くので、詳細画面の左下に[削除]を押せばコンテンツは削除されます。

    WordPressナビゲーションメニュー:削除の方法

    ちなみに忘れやすいですが、[メニューを保存]を押してください。

    保存しないと反映されませんので注意!

     

    まとめ

    いかがだったでしょうか〜。

    メニューというのは、WordPressだと簡単です。何しろ宇宙語みたいなHTMLのタグを書かなくても作れるんですから。

     

    メニュー構造はお客さんが(いや、自分も含めるけどw)ブログを巡回する時によく使われるので、いっぱい読んでもらえるようにしっかり設定しておきましょう!

     

    もし、他にWordPressについて知りたいことがあればこちらのマニュアルをぜひ見てみてくださいね〜。

    スポンサーリンク

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事