今月は夢の叶え方特集!
サーバーの種類を初心者でも分かるように詳しく解説した
The following two tabs change content below.
ソルティー

塩畑 貴志(ソルティー)ともうします。

中学の頃、完全に記憶喪失になり、普通のレールに乗ることが夢に。しかし、社会人になってからADHDと分かり、組織にうまく染まれず、行き着いたのがフリーランスという道でした。

ブログで大事にしてることは『ブログ』を一つの作品として発信し、どんなに辛いことがあっても見本になれる生き方を見せることです。

WordPressを入れたい!インストールしたい!そう思っている方の壁となりやすいのが、

WordPressを使う前の下準備です。

 

特にWordPressは専門的な用語も多く登場します……。だから分からない人は

「分からないことが分からないんだよ〜!」

ってなりがちなんです。

 

そんなワケで、まずはWordPressの準備としてサーバーとは何なのかから知っていきましょう!

 

レンタルサーバーとは

レンタルサーバーとはウェブサイトや、ブログを構築する際に必ず必要となる機器です。

まずはサーバーとは何なのか?から説明しましょう。

 

サーバーとは何?

そもそもサーバーとはネットワーク上で情報を提供している機器のこと。

 

もう少し分かりやすく言うと、僕たちが通常使っているパソコンや、スマートフォンの情報を全世界の人に見られる…なんてことはありませんよね?

しかし、サーバーに情報を置くことで、みんなに閲覧してもらえる情報になります。

 

サーバーは設定が難しいので、自力で構築するのはかなりの知識が必要になります。

そこで、サーバーを借りるんです。それがつまりレンタルサーバーなのです。

 

レンタルサーバーってどういう状況なの?

私はWordPressは家だと思ってください」ってよく言ってます。

リアルで考えてもらいたいのですが、家を建てるのに大工さんに依頼してそれで家が建つでしょうか?

 

そう、その前に土地が必要なんです!!!

WordPressとサーバーの関係性:サーバーは土地のこと

その土地のことをWebサーバー(略してサーバーとも)って言います。

 

つまりWebサーバーがなければ、WordPressを建てる場所がないってことなんです。

これはどこのサイトでも同じで、必ずWebサーバーの上に構築されています。

 

レンタルサーバーは無料ではない

レンタルサーバーを活用することで、自分独自のブログを公開することができます。

もちろん、今、閲覧している当ブログもレンタルサーバーを活用して公開しています。

 

では、なぜみんながみんなレンタルサーバーを使わないのか?

その理由は 無料じゃないから でしょう。

 

必ずコストがかかってしまうので、ここが今まで無料ブログでやってきた方にとっては敷居が高く感じられてしまう点でしょう。

しかし、アクセスが集まるようなブログになれば、広告を貼ったり、アフィリエイトをすることでサーバー運営代くらいは稼げてしまうようになります。

そのようにブログを収益化できる可能性があるのがサーバーを利用したブログの運営なのです。

 

レンタルサーバーの種類はどんなものがあるの?

レンタルサーバーと一口に言っても4つのサーバーの種類があります。

これから選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

 

 とりあえずレンタルサーバーだけ理解すればOK

意味ワカラン!と思う方はとりあえずレンタルサーバーだけ読んでくれればOKです。

レンタルサーバー

WordPressとサーバーの関係性:レンタルサーバーは土地の一部を借りること

価格 月額100〜4,000円ほど
表示速度
管理のラクさ
ブログ作成の簡単さ
カスタマイズの自由度

サーバーという土地を分けてもらう方法。それがレンタルサーバーです。最も安く、最も手軽に。

 

サーバーのメンテナンスや設定を運営側がやってくれるので、サポートも手厚く、WordPress初心者にとってもおすすめ

しかも、値段も年間で1,200〜15,000円程度で済むので大きな出費になりません。(もっと高級なのもありますけどね…)

 

まずはウェブサイト(ホームページ)を一つ持っておきたいという方はレンタルサーバーから始めましょう!

メリット
  • サーバーのメンテナンスをする必要がない
  • WordPressの自動インストールができる
  • 簡単に操作でき、コマンドを打つ必要がない
  • 価格が安い

 

デメリット
  • サイトの公開、メール設定の機能しかない
  • 好きなアプリケーションを入れられない
  • プランによってはアクセスが集中するとページが表示されなくなってしまう
  • レンタルサーバー選びでどこが良いのか悩む
  • データベース(記憶できる場所)に制限がある
  • 他のユーザーの影響を受けやすい
>

 

VPS(Virtual Private Server)

WordPressとサーバーの関係性:VPSは土地自体を借りること

価格 月額500〜20,000円ほど
表示速度
管理のラクさ
ブログ作成の簡単さ
カスタマイズの自由度

サーバーという土地を借りて、自分専用の土地として扱える。それがVPS(Virtual Private Server)です!手軽でありながら、自由度が高い。

 

日本語訳では仮想専用サーバー。つまり、サーバーの管理者になるので、レンタルサーバーよりも高い自由度があるのがポイントです。

もし、レンタルサーバーで物足りなくなったらこっち!料金はレンタルサーバーよりちょっと高いか、同じくらいです。

 バーチャルってどういうこと?

Virtualという名がついているように、あたかも複数のサーバーがあるように見せかけているだけです。なので、大元にサーバーが用意されていて、そこでエラーが発生すると、全体が動かなくなってしまいます。

 

メリット
  • 自分で好きなアプリケーションを入れられる
  • CPU、メモリを割り当てるので他のユーザーの影響を受けにくい

 

デメリット
  • サーバーの構築を自分で行わなければならない
  • 何かあった時は自分でメンテナンスしなければならない

 

専用サーバー

WordPressとサーバーの関係性:専用サーバーは、土地自体が自分のもの。

価格 月額8,000〜60,000円ほど
表示速度
管理のラクさ
ブログ作成の簡単さ
カスタマイズの自由度

サーバーという土地自体を作ってしまう。それが専用サーバーです。WordPressも、サーバーも自分のものにしたい。

 

もし、自宅に自分でサーバーを用意する場合、サーバー自体(かなり高性能なパソコンだと思ってください)を用意する、ネットワーク系の知識、セキュリティの知識など、たくさんの知識と経験が必要です。

さらに、サーバーはいつでも電源を入れておかなければサイトが見られなくなってしまうので、電気代がかかります

 

メンテナンスも自分で行わなければならないので、敷居がものすごく高いことがデメリットとなりますが…、容量や、自由度はレンタルサーバーとは比べ物にならないくらい多い!(というより、自由に設定できる)

 

他のユーザーからの影響も受けないので、動作も安定していて、無制限に自分だけの世界を作ることができます(^^)

これが大きなメリットです。

 

もし、このサーバーを自分で用意せず借りる場合は、初期費用が10万円程度、安くても月額1万円ほどかかるので中〜大企業ビジネス向けのプランになります。

メリット
  • 自分で好きなように設定を組める
  • 他のユーザーの影響を受けない
  • 全ての性能をフル活用できる

 

デメリット
  • お金がめっちゃかかる
  • 初期費用がかかる
  • 設定や、メンテナンスも自分で行う(業者に委託も可能)
  • 自分で構築する場合、電気代がかかる

 

クラウドサーバー

WordPressとサーバーの関係性:クラウドサーバーは、拡張性のある土地を借りること。

価格 月額1,000〜13,000円ほど
表示速度
管理のラクさ
ブログ作成の簡単さ
カスタマイズの自由度

それがクラウドサーバーです。柔軟な対応ができるVPS。

 

本来VPSでは、一度決めたCPU・メモリ・ディスク領域を変更できません。

しかし、クラウドサーバーだと後から拡張できるようになっています。そのため、VPSの機能と柔軟な対応ができるのです。

 

会社によって異なりますが、月額料金だけでなく、使用した分だけ1時間で区切られた料金があるので、あまり使用しないという方にもオススメです。性能によりますが、大体月額2,000円ほどです。

メリット
  • VPSの利点を活かしつつ、拡張機能がある
  • 1時間ごとの料金も可能

 

デメリット
  • VPSよりもお金がかかる(従量料金制)

 

まとめ

レンタルサーバーを使用者別にまとめると…

レンタルサーバー WordPress初心者、個人、フリーランス、小規模企業
もしくは面倒くさい設定がイヤな人
VPS WordPress中級者、フリーランス、小〜中企業
もしくはカスタマイズや、サーバー構築に興味がある人
専用サーバー WordPress上級者、中〜大企業
もしくはサーバーを持ちたい人、サーバー管理者
クラウドサーバー 上級者向け
サーバー構築に興味があり、自由度の高さを重視している人

 

このようになるでしょう。

でも、ものすごいアクセスを集めているからってVPSや、専用サーバーを使う必要もありません!

レンタルサーバーをずっと使っている人だって、たくさんいらっしゃいます。

 

初めての人はまずレンタルサーバーを使ってみましょう!

 

私のオススメはエックスサーバーです。

一番安いX10プランでもスペックが高いので、データの送受信も高速!バックアップも完備!

サーバーも落ちにくいので安定性もバツグンです!他の人のレビューを見ても評判がとても良いです。

Pasolackもエックスサーバーを借りて運用しています。

 

また、レンタルサーバーを借りてブログを運用したいと思っている方は、ドメインについても避けても通れません。

ドメインって何?って方はこちらをご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう