今月は夢の叶え方特集!
え!?どっち使うのが最適!?固定ページと投稿ページの使い分けについて
The following two tabs change content below.
ソルティー

塩畑 貴志(ソルティー)ともうします。

中学の頃、完全に記憶喪失になり、普通のレールに乗ることが夢に。しかし、社会人になってからADHDと分かり、組織にうまく染まれず、行き着いたのがフリーランスという道でした。

ブログで大事にしてることは『ブログ』を一つの作品として発信し、どんなに辛いことがあっても見本になれる生き方を見せることです。

WordPressでページを作成するには固定ページと投稿ページの2種類があります。

質問者
そういえば、固定ページと投稿ってどうやって使い分ければ良いんですか?

 

ブログ初心者にとってみれば固定ページと投稿ページってどう違ってどう使い分ければ良いかが分からないようです。

投稿ページと固定ページ…、SEO的に少し違いがあるのです。

 

そこで今回は固定ページと投稿ページの使い分け方について説明していきます!

 

固定ページと投稿ページの違い

WordPressでコンテンツを作成するというと、以下の2つの方法になります。

投稿ページ:基本、ブログ記事を作る場合に使う
固定ページ:運営上必要なページを作る場合に使う

固定ページはどちらかというと、ブログのカテゴリーに属さない記事に向いているのです。

下の図のプロフィール、商品説明ページ、お問い合わせは固定ページで作成しています。

固定ページを加えた全体構成

 

WordPressの投稿ページはどんな時に使うのか?

WordPressの投稿から作成された記事はカテゴリーページや、トップページに表示されます。

表示順序は投稿日付順になったり、更新日付順になったりします。

WordPressの投稿はトップページに新着としても載る

 

大事なのは投稿から記事を更新すると、その記事に属するカテゴリーページのSEO効果が上昇していきます。

 厳密にはカテゴリーページが上昇、カテゴリーに属する記事は新しく投稿した記事に関連したり、繋がりがある記事のみ上昇します。

投稿ページを更新するとカテゴリーページもSEO効果がある

 

Googleは一つだけの記事でポツンと孤立しているような記事よりも、複数の記事から出来上がっているような繋がりの大きい記事のほうが評価を高くする傾向があります。

そのため、WordPress全体のSEO効果を最大限発揮するためにも、カテゴリーを含めてサイト設計をしっかり練っておくと良いですね。

 

基本的にコンテンツを投稿する場合、投稿ページにしましょう。

ソルティー
まぁ、固定ページではなく投稿ページから更新するほうがSEO的にメリットが高いと思ってOKです。

 

WordPressの固定ページはどんな時に使うのか?

固定ページは投稿ページと違ってカテゴリーを指定することができません。

さきほど紹介したお問い合わせページや、会社概要ページなどカテゴリーとは無関係のコンテンツを作るのに固定ページは向いているのです。

固定ページで作成すると良いページ
  • トップページ(固定ページで作ることもできるのです)
  • メンバー一覧
  • メンバー紹介ページ
  • サービス一覧
  • サービス紹介ページ
  • プロフィール
  • 会社概要
  • メルマガ登録ページ
  • ランディングページ
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • 特定商取引法

 

また、WordPressの構造に詳しくなれば固定ページをカスタマイズし、デザインを自分好みに変更できます。

テーマによっては固定ページ自体をランディングページに変更したりできるので、固定ページは投稿ページよりもオリジナリティを出しやすいとも言えるでしょう。

WordPressのカスタマイザーで固定ページを自由に変更

テーマ:Emanonではカスタマイザーで固定ページをランディングページ化できる

 

ただ、固定ページはRSSが生成されません。その辺りは注意が必要ですね。

 RSSとは?

RSSとはそのブログの新着情報を配信する技術です。RSSリーダーというものがあれば、ブログの新着情報を自動的に取得することが可能です。

 

WordPressの固定ページと投稿ページの使い分けは自分がどのページを作るかによって決めよう

固定ページと投稿ページ、使い分け方は分かりましたか?

表にするとこんな感じ。

カテゴリー ブログ一覧に掲載 RSS配信 用途
固定ページ 無し 無し 無し 商品や、会社概要など独自のページ
投稿ページ 有り 有り 有り ノウハウや、コンテンツなど価値のあるページ

基本的にはカテゴリーページのSEO効果を高めるために投稿ページで更新していってOKってことです!

ただ、固定ページはRSS配信がされない点は多くの人は気付いてないかもしれませんね。

ソルティー
うまく使いこなさないとSEO上マイナスになることも可能性もあるので、注意しましょう。

 

固定ページについて情報をもっと得たい場合はこちらをどうぞ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう