今月は夢の叶え方特集!
最初に入れときゃ良かった!WordPressの有料テーマ おすすめ7選!
The following two tabs change content below.
ソルティー

塩畑 貴志(ソルティー)ともうします。

中学の頃、完全に記憶喪失になり、普通のレールに乗ることが夢に。しかし、社会人になってからADHDと分かり、組織にうまく染まれず、行き着いたのがフリーランスという道でした。

ブログで大事にしてることは『ブログ』を一つの作品として発信し、どんなに辛いことがあっても見本になれる生き方を見せることです。

みなさん、WordPressのテーマってどうしてますか?

え?もちろん無料?

そうですよね、僕も有料テーマを導入前までは

ソルティー
無料サイコー!やっぱり無料以外は考えられないわー!

とか思ってました。

 

でも、やっぱり無料は無料レベルだったんです。

WordPressの有料のテーマを買って世界が一気に変わっちゃいました。

こんなに違うなら最初から有料買っておきゃ良かった!と後悔しちゃったほどです。

 

そんなワケで、今回はWordPressの有料テーマの紹介です。

有料テーマは「凝らずにすぐにブログを運営していきたい!」と思っている方にピッタリです。たった一回の出費ですしね。

 

その有料テーマの素晴らしさをぜひ知ってもらえればと思います。

 

WordPressの有料テーマのメリット

さて、WordPressでオススメの有料テーマを語る前に『有料テーマのメリットとは何なのか?』を共有しておこうと思います。

 

メリットや、選び方を聞かないでオススメの有料テーマを見る!という方は[パッと行く]ボタンでパッと移動してください(笑)

 

運営を始めたばかりの頃、WordPressの有料テーマってどうしても避けてしまいますよね。
そりゃそうです。お金がかかるんですから…。

 

でも、有料だからって避けるのはすっごくもったいない!

 

テーマのコンセプトにもよりますが、メリットはこんな感じです。

有料テーマのメリット
  • デザインにかかる時間を恐ろしいくらい(体感で1/10くらい)短縮できる。
  • 無料テーマよりもSEO対策が優れている
  • デザインにこだわりがあり、文字が見やすい
  • プログラムなしで多くの項目を設定可能。使いやすい
  • パララックスなど無料では表現が難しい効果を実現できるテーマもある
  • ショートコードが用意されていて、簡単にボタンなどを表現できる
  • 無料テーマは万人向け、有料テーマは特化型。どんなブログにしたいかを合わせることができる

 

僕も有料テーマを使って世界が変わった人の一人です。

ですので、僕がコンサルに入った時は皆さんに「ぜひ使ってください!」ってオススメしています。

 

何がそんなに変わったのかというとデザインにかかる時間をものすごく短縮できたこと!

 

無料テーマは大体このような物足りなさを感じてしまうんです。

無料テーマのデメリット
  • 望んでいるデザインにできない
  • パッと見安っぽい
  • 他の人も同じテーマを使っていることも多く、見た目が似てくる
  • デザインを行うのにカスタマイズが必要で時間がかかる

 

WordPress無料テーマだと安っぽくなってしまう

これでもデザインをちょっと頑張ったほうだけど、どうしてもブログ感が抜けないのが無料テーマ。

 

しかーし!

 

自分のイメージに近い有料テーマを使うことで、デザインにかかる時間を10倍くらい短縮して作ることができました。

 

ブロガーにとって、大事なのはデザインすることではなく、

ブログを書きやすいか?すぐブログを作れる状況になるか?ってことが重要なんですよね。

ブロガーとしてこだわりたいポイント
  • なるべくプログラムを書きたくない
  • 隅々までこだわって作りたいとは思っていない
  • それでもやっぱり多少カッコイイデザインにはしておきたい 特にこれ

 

こんな風に思っている方には本当におすすめです。

 

WordPress有料テーマの選び方

それでは、「ブログから収益を生み出したい!」という方に向けた有料テーマの選び方をご紹介します。

収益性の高いブログ用WordPressテーマで「最も書きやすくて、検索上位にも行きやすいテーマ」をお探しの場合、WordPressで月50万以上稼いでいるプロブロガーとして「この点を押さえておけば後悔しない」と言えるポイントは、次の5点です。

後悔しないポイント
  1. デフォルトでの文字サイズと間隔
  2. ショートコードの有無
  3. 回遊率が高くなりやすいデザイン
  4. ランディングページ作成機能
  5. CTAや、ビジネスの問い合わせがしやすい

この点は非常に重要なので、具体的なテーマ紹介に入る前に、簡単に解説しておきます。

詳しい説明を見ないで有料テーマを早速知りたいという方はパッと行くボタンでどうぞ。

 

デフォルトでの文字サイズと間隔

第1に、デフォルトでの文字サイズと間隔です。

ブログの主体は、なんと言ってもテキストであること!

 

写真や、動画などのメディアも貼れますが、それらはすべて副として機能しています。

SEOを語るならばテキストで勝負しなければ話になりません

 

特にブログから収益を生みたいと思っている方は、コンテンツマーケティングをしているという意識が非常に重要で、コンテンツの作り方が雑だと誰も買いたいと思ってくれないんですね。

 

しかし、WordPressで検索できるテーマの90%以上は文字サイズや、間隔が適切ではありません。終わりもバラバラになっていて、とにかく読みにくく、文章がブロックのように見えてしまいます。

WordPressテーマブログ:読みにくいテーマの文字

テーマ:Twenty Seventeen

 

しかし、オススメするようなテーマは文字の読みやすさにこだわって作られています。これは有料もそうですし、無料でも文字にこだわっているテーマは特に多いです。

WordPressテーマブログ:読みやすいテーマの文字

テーマ:Diver

 

段落の終わりがキチッと揃っているテーマは高評価ですね。細かいですが、この細かい点をテーマで導入するだけで解決するというのは大きな利点です。

 

『とにかくブログをコンテンツとして読みやすくしたい』と思っている方は、文字と②番のショートーコードの有無を重視して選ぶと良いでしょう。

 読みやすい文字を数値的にすると…

読みやすさのことを『可読性』と言います。可読性を重視した数値設定は…

  • 文字サイズ ⇒ 14 〜 16pt
  • 行間隔 ⇒ 1.7 〜 1.8em
  • 文字間隔 ⇒ 0.8pt ~ 1.6pt

このようになります。テーマによってカスタマイザーで変更できることもあります。設定する箇所がなかった場合は、CSSでカスタマイズするという初心者にとってハードルが高くなってしまうので、今回の目的からは逸脱してしまいます。

 

ショートコードの有無

第2にショートコードの有無です。

通常は難しいコードを入力しなければできない表現を、ショートコードと言って、短いプログラムコードで挟むだけでカンタンに表現できるように、設計者が用意してくれていることがあります。

 例えばこんなやつですね。
これは設計者が用意してくれていなければ、使うことはできません。

 

最近では、ショートコードすら入力しないタイプが増えてきました。

選んで入力するだけで思い通りの表現ができるという、プログラムっぽさまで見せないように工夫されたテーマがあります。

WordPressテーマブログ:入力補助機能。コードすら見せない工夫がすごい

テーマ:Diver(入力補助機能)

 

これはブログというテキストだけの世界に、大きな彩りを与えてくれるので、ショートコードがあるかないかは文章表現の仕方に大きな差が生まれます

 

ブログを楽しく書いていきたいなら、ショートコードは必須と言えるでしょう。

 テーマの乗り換えを考えている方は注意

ショートコードはブログ表現が多彩になりますが、テーマ依存のシステムです。そのため、テーマの乗り換えを検討する場合、負担になります。

テーマに依存しないでショートコードを使いたい場合は、ショートコードを実装できるプラグインをインストールして使用するようにしましょう。

 

回遊率が高くなりやすいデザイン

コンテンツが立派でも、回遊(つまりいろんなページに移動)しやすいかどうかは非常に重要です。

回遊してくれることによって、ブログへの親密度が上がり、どんどん信頼できるブログとして認知されていきます。

 

検索でインストールできるテーマだと質素な上に、関連コンテンツの見せ方が雑です。むしろ設定できないのもあります。

その場合はプラグインで見せるしかないですね。

WordPress有料テーマ:無料テーマだと関連コンテンツがない

 

 

しかし、有料テーマはその辺りにもこだわって作られているため、巡りやすいデザインになっているのです。

WordPress有料テーマ:JIN

 

他にもランキング作成などができると、ユーザーとしては見やすいページが作成できますね!

ランキングはほとんどの無料テーマで作成できません。

 

ランディングページ作成機能

収益化をする上で本当に大事なものは終着点となるページを作成すること。

つまりランディングページですね。

 

このランディングページの特徴はメニューバーもなくなり、サイドバーもなくなる…。

その他のページへのリンクを極力なくし、そのページの内容に集中してもらえる構成になるのが特徴。

WordPress有料テーマ:実際のランディングページ

 

無料テーマではランディングページはほとんど作れませんが、有料テーマの中にはランディングページ作成機能がついているものもあります。

必須…というわけではありませんが、あるとないとでは成果率に大きく違いが出てくるでしょう。

 

CTAや、ビジネスの問い合わせがしやすい

無料テーマでも存在するものがあるのですが、CTA(Call To Action)機能は絶対に欲しいです。

CTAはブログ記事下にて『こちらもあなたのお役に立てると思いますよ』と、訪れた方に対して購入や、資料請求などを促してもらうエリアを作れる機能。

WordPress有料テーマ:CTA

 

これによってユーザーが次にとるべき行動を促せるので、収益に大きく影響します。

収益性の高いWordPressを作る場合、CTAがない有料テーマは選ばないようにしましょう。

 

オススメのWordPressの有料テーマ7選

さて、有料テーマの良さが十分に伝わったところで、早速選りすぐりのWordPress有料テーマを7つに絞ってご紹介します。

7つに絞る理由は本当に良いWordPressの有料テーマを紹介したいから!!

 

良いものが見つかったら順次入れ替えて紹介していますので、気に入ったものがあったらぜひ導入したってくださいな!

 

DIVER(高木 貴人)

WordPress 有料テーマ:DIVER

 

DIVERは紹介メディア・アフィリエイター向きの有料テーマです。

 

欲しいと思う機能はほとんど揃っているDIVER

DIVERの良いところはなんと言っても高機能なところ!!

DIVERの主な機能
  • AMP
  • CTA
  • ランディングページ
  • アピールブロック(スクロール追従するCTA機能)
  • ランキング作成可能
  • 入力補助
  • 口コミ作成可能
  • 記事リスト(作った記事をまとめる機能)
  • Q&A(よくある質問機能)
  • 続きを読むにはパスワードを入力する機能
  • 先頭固定記事
  • メニュー下にテキスト挿入
  • 画面幅いっぱいの画像プレビュー

など…

ヤバスギるぅっ!!

 

「無料テーマも進化したな〜。」と思ってましたが、

有料テーマもここまで進化したか!!」という印象を持ちました。

 

ぶっちゃけ言うと、ブログで紹介記事を作ったりアフィリエイトしたいなら、DIVERさえ買っておけばやりたいと思ったことはなんでもできる。

そんなテーマです。

 

DIVERはどんどん進化する

有料テーマっていうのは次から次と新しいテーマを作っていくのが定石です。

まぁ、昔作った有料テーマに改良を加えて少しずつ専門性を高めているんでしょう。

 

ところがDIVERはバージョンアップ頻度がものすごい!

WordPress 有料テーマ:DIVERの進化は止まらない

 

見た目も機能もドンドン追加されていきます。

「もうDIVER一本買っておけば、欲しいと思っている機能はそのうち実装されるのでは?」

そんな気さえしてくる不思議!

 

有料テーマを購入すると一蓮托生になることが多いので、バージョンアップが多いと嬉しいですよね。

 

サポート体制充実!なんと無制限!?

有料テーマを使っていても「分からないよ!」、「これどうやってやるの!?」なんて疑問は尽きません。

こういう時って実はしばらく使ってから起こるんですよ。

 

ですが、多くの有料テーマって1ヶ月などサポート期間を設けているところが多いんです。

 

でも、一ヶ月じゃ正直サポートなんてあってないようなもの。

ぐぬぬっ……。なんて想いをしている方はたくさんいるんです。

 

ところがDIVERは開発陣によるサポート体制充実!

期限も回数も無制限!!つまり分からないところは聞き放題!

 

利用する頻度は多くはないものの、初心者ほど本当に困ったという事態に陥ります。

こうした製作者の心遣いは嬉しいですね〜。

 

初心者から玄人まで唸らせる出来のDIVER!

WordPressの有料テーマを探している方はぜひ!

 

デザイン 記事コンテンツをたくさん見せるメディア系デザイン。
コンセプト SEO対策、サイト回遊率、離脱率、アフィ収益をこれ一本で解決する
特徴 回遊性が高く、高機能
他と比べて良い機能 ランキングページや、アピールブロック機能、入力補助機能
オススメの人 アフィリエイトで収益を最大化したい方、これからWordPressを始める方
子テーマ あり
複数サイト適用
価格 ¥17,980(税込)

 

THE THOR(FIT)

WordPressテーマブログ:THE THOR

THE THORはWordPressベテランユーザー向けの現状、SEOに最も強い有料テーマです。

 

とにかく早い!全てのテーマの中で最も高速

THE THORの最もオススメする点は何か?というと、とにかく早いこと。

新評価基準のGoogle Page Speed Insightsでもパソコン99点、スマホ95点というかなりの高得点。圧倒的な内部SEO対策で他のテーマを圧倒しています。

WordPressテーマブログ:早い!早すぎる!

 

ページ表示スピードが早いということは、検索上位になりやすく、それだけで大きなアドバンテージを得ることができるでしょう。

 

PWA機能実装!オフラインでもブログが動作する

PWA機能という耳慣れない機能がTHE THORには付いています。

このPWAは様々な機能があり、これから有料テーマがこぞって入れてくるであろう機能です。

PWAのメリット

1.ページの読み込みや表示が速い
2.オフラインでも動く
3.画面遷移をともなう操作もオフライン時に可能
4.プッシュ通知の受信が可能
5.インストール不要
6.ストアの審査なくアップデートが可能
7.GPSを使った現在地取得と利用が可能
8.ネイティブアプリのようなUIを実現できる
・ブラウザデフォルトのUI(上部のメニューバー)を非表示にするなどのカスタマイズが可能
・「ホームに追加」ボタンを表示でき、ホームに追加されたページはインストールされたアプリのように扱える
・ホーム画面のアイコンが設定できる
・起動時のスプラッシュ画面が設定できる

出典:いまさら聞けないPWAとAMP

 

つまりブログをアプリのように扱えるんですね。

これはどのテーマよりも先駆けた機能!ブログがアプリになるとか、これからの新基軸になりそうですね。

 

スマートエディターで思い通りのデザインが可能

有料テーマの場合、ショートコードなどを使ってデザインを行いますが、

THE THORの場合、ショートコードの豊富さが魅力。

 

53種類の見出しと、498種類のアイコンを使って

思い通りのデザインが可能です。

 

さらに、これだけ豊富な種類のパーツをサクッと使いこなせるように

選ぶだけで実現可能にしているのがすごい点。

WordPressテーマブログ:豊富すぎるショートコード

 

記事作成はもちろん、ページデザインも思いのままですね!

 

機能豊富でプログラムなしでも設定できる幅が広い

THE THORのカスタマイザーで設定できる項目の多さは他のテーマとは比較になりません。

WordPressテーマブログ:豊富すぎる基本設定

普通、有料テーマであっても設定可能な範囲というのはそこまで広くないもの。

ファーストビューが付いていれば珍しい!くらいです。

 

しかし、THE THORで設定できる項目は100個以上!?

そのくらい細かい点まで設定できるのが魅力です。

 

その分、初心者にとっては最初、非常に難解となっていますが…。

  • 初めてだけど頑張って設定する!という方
  • WordPressの運営に慣れてきた方
  • ガンガンアフィリエイトをする玄人の人

頑張る人ほど得をする有料テーマなのは間違いないです。

 

「これからWordPressでアフィリエイトしたい!」、「検索上位にならなきゃブログ運営は意味がないぜ!」、「ユーザのことを何よりも重視する!!」なんて方にはTHE THOR…オススメです!!

デザイン クールな力強さを持つデザイン
コンセプト すべてが揃った最高のWordPressテーマ
特徴 すべてが高水準でまとめられ、何でも実現可能
他と比べて良い機能 やろうと思ったことは全てできる
オススメの人 アフィリエイター、無料テーマから有料テーマに乗り換えようとしている方
子テーマ あり
複数サイト適用
価格 ¥14,800(税抜

 

Emanon(イノ・コード)

WordPress有料テーマ:Emanon

Emanonは企業向けの高機能有料テーマです。テーマの中ではかなり固めの印象!

 

こんなの待ってた!収益性の高いWordPressテーマ

Emanonはとにかく自らのコンテンツを紹介する機能が目白押し!

Emanonの主な機能
  • ヘッダーCTA
  • ファーストビューに動画や、ボタンを配置可能
  • インフォメーションを設定可能
  • アイコンはアイコンコードを入れるだけで表示可能
  • パララックスデザインでトップページを魅力的に表現
  • スクロールに追従してくれるヘッダーメニュー
  • ポップアップ表示が可能
  • Facebookメッセンジャーをブログに表示

など、ブログからビジネスにつなげて収益化するのに便利な機能が目白押し!

マジでこんなの待ってました!

 

特にパララックスデザインってのがカンタンに実装できるのが良いですね。

 パララックスデザインって?

パララックスデザインはマウスカーソルをスクロールした時に手前の画面と、奥行きの画面でズレを持たせる視差効果を利用したデザインのこと。

見たほうが分かると思うので下記の画像をどうぞ。WordPress 有料テーマ:パララックスデザインの動き方

トップページに起用するとめちゃくちゃカッコイイのは分かってるんですが、なかなかコードカスタマイズ無しで設定できるテーマってないんです。

それがこんなにカンタンにパララックスデザインを実装できるのはヤバイですね。

 

他にも領域を区分けしたり、アイコンフォントを使って画像を使わなくてもイメージを持たせたりなど…、

テーマカスタマイザーを使ったカスタマイズだけでマーケティング視点に沿ったカッコイイトップページが作れます

WordPress有料テーマ:Emanon カスタマイズだけで思い通りに。

 

まさしくビジネスをしたい企業ページ向けのテーマだと思います。

見つけてしまった時は思わず心が震えてしまいましたよ……。

 

この機能を持ちながら、コードが軽い、SEO対策も非常に凝っている。

ビジネスしたいならこのテーマでもう十分やん…。

WordPress有料テーマ:Emanonのパララックスデザイン

アイコンがこんなに魅力的に見えるなんて…本当にヤバイ。

 

使うならEmanon Businessが良い

人それぞれだと思うんですが、Emanonはプランが3つ用意されています。

Emanonのプラン
  • 無料のEmanon Free
  • 高機能版のEmanon Pro
  • Proからさらにフロントページを強化したEmanon Business

 

Emanon BusinessはEmanon Proの子テーマとなっています。

つまりEmanon Businessを購入すればEmanon Proも同時に購入できます

 

Emanon Proだと先程までゴリ押ししていたパララックスデザインとかが設定できないので、

なるべくならEmanon Businessを買いましょう。

 

マーケティング視点に沿った構成が要!

皆さんはマーケティングって理解していますか?

僕はマーケティングってブログを始めた頃って全く意識していませんでした…。

 

でも、ブログ運営や、ビジネスをすればするほど

マーケティングってめっちゃくちゃ重要ってことに打ちひしがれるんですわ!

 

通常、有料テーマを買ってもマーケティング視点に沿った構成になっていません。

自分で理解していて、自分で構成を組んで行くことが必須なんですね。

 

しかし、Emanonの良いところはそのようなマーケティングを全く理解していない方でも、

商品や、サービスが魅力的になるようにテンプレートが予め作られています。

WordPress 有料テーマ:Emanonのマーケティング理論

 

つまり自分の商品の魅力をテンプレートに沿って当てはめるだけで、誰にでも魅力的に伝わるウェブサイトに早変わりしちゃうんですね。

このような点は他の有料テーマでも見られない大きな特徴かなと1年以上使っていて感じます。

 さらにEmanonの利用範囲はジャンルに左右されない

Emanonはアダルトなど、どんなジャンルのブログであっても適用できます。

どんな内容を扱っていても使えるので非常に素晴らしい!

 

個人のブログを作るならばDIVERか、THE THOR。

商用のビジネスウェブサイトを作るならばEmanon。

 

スタンダードな路線でいくなら、ほとんどの場合この3打線で事足りそうです。

 

デザイン ビジネス向きのシンプル構成
コンセプト コミュニケーションによる集客
特徴 商品を紹介したり、経営理念を打ち出すことがカンタン
他と比べて良い機能 フロントページがとにかくカッコよく、簡単につくれる
オススメの人 固めの商業ウェブサイト+ブログを作りたい方で、マーケティングを全く理解していない方
子テーマ あり(Emanon Business)
複数サイト適用
価格 ¥12,800(税込)

 

WING - AFFINGER5

WordPress有料テーマ:WING - AFFINGER5

WING - AFFINGER5は完全に稼ぐに特化したアフィリエイター向きの有料テーマです。

 

カラーパターン豊富でどんなデザインでも対応可能

今は稼ぐブログと言っても、ガッツリ「怪しい…」というブログばかりではなくなりました。

そう、今では一般の主婦の方でもアフィリエイトを普通にしている時代です。

そこで、重要なのが自分のブログに合うデザインだったりします。

 

WING - AFFINGER5はカラーパターンを豊富に用意!

12種類のカラーと、4種類のデザインで組み合わせは48種類!!

サクッとデザインを終わらせて、早くブログを始めたい!という方には良いですね。

 

ヘッダーカード、バナーテキスト…画像に文字挿入する機能!?

ちょっと他と違うなと思う機能がヘッダーカードと、バナーテキストです。

 

上部に表示されるオススメとしてアイキャッチ画像を表示させる…なんてのは、どこでも見る機能ですが

その画像の上にテキストを表示する機能は他では見ない!

WordPress有料テーマ:ヘッダーカード

こういうのって基本的に自分で画像を加工して作る必要があるんですが、テキストとして表示してしまうという全くもって面白い発想です。

 

同様にバナーのように画像を表示することも可能です。

カーソルを合わせると画像がクッキリなんて特殊効果も設定可能です。WordPress有料テーマ:バナーテキストとカーソルで動くバナー作るのって意外と面倒だったりするので、こういう機能はありがたいですね。

 

もちろんショートコードも使いやすいように完備

有料テーマの強み!それはやっぱりショートコードかな〜って思います。

このショートコードがあるかないかで、記事の彩りが大きく変わってしまうからです。

WING - AFFINGER5でもアフィリエイトで使いやすいショートコードが盛りだくさん。

WordPress有料テーマ:ショートコード

 

使い方もDIVERや、THE THORと同じようにサクッと使えるようにエディターに組み込まれています。

WordPress有料テーマ:ショートコードの一覧

 

「ショートコードもいよいよここまで来たか…」

そんな新しい時代を予感させる作りになっていますね。

 

というワケでWING - AFFINGER5は名前の通り、アフィリエイター向きの有料テーマ!

設定項目が多いので、これまた初心者にはちょっと向かないかな…という印象です。

また、他にも追加機能などもあるので、全部買い揃えるとめちゃくちゃ高額(5万以上)になっちゃうのも難点。
※まぁ、割引されて4万くらいなんですが…。それでもちょっと高いかな?

 

しかし、追加機能にはさらにA/Bテスト機能などアフィリエイターが歓喜する機能が盛りだくさんなので

「本気でアフィリエイトで成果を出したい!」と思っているなら貢献してくれるでしょう。

 

デザイン カワイイから信頼感づくりまで柔軟に対応できるデザイン
コンセプト さらに美しく、パワフルに。「稼ぐ」に特化
特徴 アフィリエイトに特化した機能が豊富
他と比べて良い機能 バナーテキスト、追加機能を買い揃えることで最強のWordPressテーマに変化
オススメの人 アフィリエイトをやってきたけど、今以上に成果を求めるベテランアフィリエイター
子テーマ あり
複数サイト適用
価格 ¥14,800(税込)テーマのみ
¥39,800(税込)追加機能込み

 

ストーク-STORK(OpenCage)

WordPress有料テーマ:STORK

 

ストークはとにかくスマホで見やすいをコンセプトにした有料テーマです。

 

とにかくスマホに特化!イマドキはスマホ対応が重要なのだ!

文字サイズから、行間など細部に至るまでとにかくスマホに重点を置いた作りになっていて、スマホの見やすさを重視したいと思っている方にはピッタリ!

 

今の時代、スマホ対応ができてなければGoogle評価が極端に下がり、検索に載らない世の中になりました。

 ちなみにスマホ対応って?

スマートフォンで最適化されて表示されることをレスポンシブデザインって言います。

レスポンシブデザインかどうかはWordPressのテーマによって変わるので、最初にチェックしておきましょう。

とはいえ、今では当たり前になってきていて、ほとんどのテーマがレスポンシブデザインになっています。

 

しかし、自作でテーマを作ったり、コードをカスタマイズしている場合、レスポンシブデザインになっていないことがあります。

ちなみに、スマートフォンで表示ができることではないので注意してくださいね!(最適化されるってのが重要なんです…)

 

特にブロガーになろうと思っている方なら、ストークは最初の一歩としても非常にオススメ。

このテーマを使ってるブログで「なんか読みにくい」と思ったことはないので、デザインが訪問者に優しいっていうのも特徴の一つ。

 

とりあえず失敗せずワンランク上のブログが作りたい」と思っている方はぜひ使って欲しい有料テーマです!

 

ピックアップ記事や、3カラム、ボタン、吹き出しが最初から用意されているから便利

記事をカルーセル上にトップに表示したいと思っている方は多いのですが、どうやったらこの機能を実装できるのか……と思っている方も多いのです。

STORK ピックアップカルーセル

この機能もタグで[pickup]と付けるだけでトップページに表示できたります!

これをこんなにアッサリと実現できた時は泣きました!(笑)

 

他にもショートコードを使って3カラムや、カーソルを合わせると押したようになるボタン、吹き出しなどの機能を簡単に使えるようになるのも大きな魅力!

PasolackでもSTORKを使って20万以上のアクセス数を叩き出してます!!

現在はDIVERに乗り換えました!STORKの互換性も高く、乗り換えもスムーズでした。

 

スマホ独自のメニュー表示が可能

通常、メニューというのはヘッダーとフッターという2種類、もしくはヘッダーのみというメニュー表示が多いです。

しかし、このSTORKの場合、スマホの時のみに表示できるオリジナルメニューがアツいのです。

WordPress有料テーマ:STORKのオリジナルメニュー

 

メニューボタンを開かなくても表示されていて尚且つ、スワイプでスルスルとメニューを動かせるので非常に素晴らしい!

敢えて厳選して、みんなに見て欲しいコンテンツだけモバイルメニューに載せるのもアリですね。

 

スマホにこだわらないなら他のテーマでもOK

STORKはスマホにこだわったテーマですが、OpenCageで販売しているテーマは他に3つ存在します。

OpenCageで販売されている他のテーマ
  1. アルバトロス(誰が使っても美しいデザインのブログが作れる)
  2. ハミングバード(アニメーションで美しさを持たせたブログが作れる)
  3. スワロー(いさぎよく、シンプル。洗練されたWordPressテーマ)

製作元のOpenCageは美しさとかわいさを兼ね備えたテーマがウリ。

ハミングバード、アルバトロス、スワローはOpenCageが作っているので、デザイン的にはSTORKとかなり近いのです!

 

これら3つのテーマはSTORKの機能制限版のようになっており、STORKよりも若干安めです。

「機能が減っても良いので、もう少し安くしたい」という方はそちらにしても良いでしょう。

 

ただし、STORKは他のテーマと違ってヘッダーメニュー、モバイルメニュー、ショートコードなど機能が充実しています。

全ての機能が欲しい!という方はSTORK一択でしょう。

デザイン ポップ
コンセプト 究極のモバイルファースト
特徴 とにかくスマホでの見やすさを重視!
他と比べて良い機能 スマホ専用のヘッダーメニューを作成できる
オススメの人 とにかくブログで見やすい記事を作りたい方
子テーマ 有り
複数サイト適用 不可
価格 ¥10,800(税込)

 

 

OOPS!(TCD)

WordPress 有料テーマ:oops!のトップページ

OOPS!は企業向けのワンカラム専用の有料テーマです。昔のTCDはテーマ数は多いけど、作りが雑だと思っていたんですが、最近のTCDのテーマは質が上がって使いやすくなってきました。

 

スマホ用に最適化するフルードグリッドレスポンシブデザイン

レスポンシブデザインはさきほども説明したようにGoogle評価にも欠かせないもの。

しかし、レスポンシブデザインはパソコン・スマートフォン・タブレット…、さらに画面のサイズもそれぞれ変わってくるので表示が崩れたり、見づらくなってしまうケースもあり得ます。

 

OOPS!の場合、どんな端末であっても綺麗に表示できるフルードグリッドという仕様になっているので、美しいレイアウトによって魅力的にウェブサイトを表現できます。

WordPress 有料テーマ:フルードグリッド仕様

この画像のスマホ画面にラインが入っているのに気付きますか?

 

パソコン画面では3つのコンテンツを紹介していますが、スマホ画面では縦長になってしまいます。

そこで、コンテンツの区分けをより明確に示してくれてるんですよね。しかも自動的に。これは画期的かも。

 

セールスコピーライティング技術が詰まったランディングページ作成

成約率を高めるためにランディングページを制作している方も多くなっているんじゃないでしょうか?

OOPS!ならばランディングページ制作が非常にカンタンです。

WordPress 有料テーマ:oops!ランディングページ

普通、ランディングページを制作するには最低10万円以上かかってしまうので、カンタンに手が出せないんですね。

 

なぜこのような制作費がかかるかというと、デザインだけでなくターゲット層の心理を理解したセールスコピーの流れを作る必要があるからです。

 

ターゲットの心理を読むのは素人では非常に難しいとされていますが、OOPS!ならば予め必要な7つのセールスコンテンツが用意されていて、そのコンテンツに必要な情報を入れるだけで完成できます。(しかも順番も変えられます)

 

さらに!

OOPS!ではインプレッション、クリック数、コンバージョン率の計測が可能なABテスト機能を持っています。

今までは自分で導入していくしかなかったので、成約率をどんどん高めていくことができそうですね!

 

オシャレかつ、成約率の最適化を目的としたランディングページを作りたい!と思っている方はOOPS!は非常に使いやすいでしょう。

 

見やすいお客様の声(レビューページ)が作れる

お客様の声や、実績って分かりやすく見せたいと思ったりしません?(少なくとも僕はそう)

OOPS!はお客様の声を綺麗に、カンタンに作ることができます。

WordPress 有料テーマ:oops!レビューページ

 

ワンカラムを基本構成にしているので画面が全体的に見やすく、つい惹き込まれてしまうようなレビューページを制作できるのもウリの一つ。

 

レビューページだけでなく、ライター紹介や、会員・スポンサー様の紹介としても良い働きをしそうですね〜!夢が広がります!

ワンカラムでカッコいい!しかも成約率の高いウェブサイトが作ってみたーい!という方はOOPS!はオススメです!

 

デザイン 高揚感とカッコよさ
コンセプト 従来のLPテンプレートを凌駕する
特徴 高機能+ワンカラムが基本構成
他と比べて良い機能 ランディングページでA/Bテストが実施できる
オススメの人 ランディングページ成果を最大にしたい方、カッコいいウェブサイトが欲しい方
子テーマ なし
複数サイト適用
価格 ¥19,800(税込)

 

 

ZOOMY(TCD)

WordPress有料テーマ:ZOOMY

ZOOMYはSNSが構築できるちょっと変わった特徴を持った有料テーマです。

アイディア次第でいろんなビジネス展開ができるので、どちらかというとオンラインサロンなど、会員制のコミュニティを作るのに向いています。

 

入会・退会の自動化

SNSを構築するためには入会や、退会の手続きを手動でやっていたらキリがありません。

ZOOMYはそのような煩わしい手順をすべてテーマが行ってくれるので、運用が非常に楽。

 

仮登録、本登録などの手順がデフォルトで設定されているので、初期状態のままでもSNSとして運用できるでしょう。

 

テーマ上でメルマガを配信可能

SNSを運用するということは、広告枠をつけてスポンサーを募ることが収益化の第一歩。

もちろんGoogleAdSenseなどの広告でもOKです。

 

またメールマガジンの配信も可能です。

受信するにしている方、その設定を無視してSNSに登録している方全員に送るという2通りの送信が可能です。

WordPress有料テーマ:ZOOMYのメルマガ

 

メールマガジンが作成できるプラグインはありますが、テーマ側でメルマガができるってのは初かも?

意外にありそうでなかったんですよね。

 

メルマガもなかなか使いやすい形にできるので、アイディア次第で大きく収益を伸ばせそうです。

 

 メルマガの送信可能数はサーバーに依存しているので注意しましょう。

 

デザイン 爽やか
コンセプト あなたがSNSの運営者になる。それはあなたのビジネスに革命を起こすこと。
特徴 ブログというよりも、SNSを運用できる
他と比べて良い機能 自分自身のコミュニティを作成できる
オススメの人 クローズドなオンラインサロンを運営している方
子テーマ なし
価格 ¥49,800円(税込)

 

まとめ:ソルティーがもっともオススメするテーマは?

どうでしたか?

無料よりも目を奪われちゃいませんでしたか?

 

これだけ豊富な機能と魅力的なデザインが、少しのお金を出すだけで手に入ってしまうのです。

無料テーマにはもう飽きた!すぐにでもWordPressでブログを書き始めたい!

そんな風に思っているなら有料テーマの購入を検討してみましょう!

 

2018年の最後のほうに優秀なテーマが一気に登場しました。

 

2019年現在でも、さらに新しい有料テーマがたくさん作られています。

そのため、一概に何がオススメか言えないくらい有料テーマは本当に良いものが出てきました。

 

レスポンシブデザインはもはや当たり前。

2019年のトレンドとしてはPWAや、AMP対応などGoogleのこれからの新評価基軸に対応しているかどうかも重要ですね。

 

さらにそろそろテーマを乗り換えずに使いたいという方も増えたので、ずっとアップデートが続くかどうかを気にしている人も増えていますね。

 開発側も理解しているのか、サポートを充実させたり、複数サイト適用可かどうかを押し出すようになっています

 

そのため、今だったら誰にでもオススメできる有料テーマはDIVERですね。

初心者にも丁度扱いやすいくらいの機能で収まっているので、丁度良いってのがウリです。

 

しかし、今、僕がもっとも推したいのは実はTHE THORだったりします。

DIVERはページの表示速度が遅いので、若干、内部SEOが弱いのです…。

 

その点、圧倒的な内部SEO対策で他の追随を許さないTHE THOR…、マジでオススメです。

初心者には項目が多すぎるのでオススメできないのですが、そこを乗り越えたら必ず力になってくれる有料テーマになるでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう